信念と勇気~爆笑問題 太田光~
フリスタ編集MIZKです。
1月4日、今日から仕事はじめの方も多いことでしょう。
頑張ってください。

僕はあまりTVを見ないライフスタイルなのですが、昨日はひさしぶりにしっかりと見ました。
番組は「爆笑問題 太田光の私が総理大臣になったら・・・」というもの。
a0064459_16423719.jpg

僕は爆笑の太田光の大ファンなのですが、いやあ、この番組は良かった。
太田光の良さが炸裂した感じがします。
そしてこうも思いました。
政治とエンターテイメントの融合についに成功したな、と。
そしてこういう番組を成立させる力を持つにいたった爆笑問題に素直に感動しました。
素晴らしい。

太田総理から提言された案は3つ。

①小泉チルドレンをTVに出すな。
②自衛隊を撤廃して全部、水田にしろ。
③インターネットを免許制にしろ

これに賛成か反対かで番組は進行するんだけど、その是非は僕にとってはどうでもいい。
そもそも、ありとあらゆる意見があってそんな簡単に決められる問題ではないんだから。
そんなことより僕が感動したのは、太田光の勇気!
TVのゴールデン番組で堂々と

”小泉純一郎の何がいいんだよ!あんな断片的なことしか言えない人間がどうしてカリスマになんかなるんだよ!この国は!”
”何がマドンナ旋風だ、ブスばっかのくせしやがって!”
”小泉チルドレンなんかに政治が出来るわけねーだろ!”
”自衛隊を完全に撤廃しろ!”
”インターネットは悪性だっていいかげんみんな認めろ!”

などと叫びまくる太田。
これって凄まじいことだよ。
時代が時代なら即、暗殺されている発言だよ。
僕も含めて誰もかれもが権力のご機嫌を伺いながら、おそるおそる生きる時代に太田は大砲をぶっぱなした気がした。
その脅迫されるだろうことにも、凄まじい誹謗中傷を受けることも覚悟のうえで正月3日、夜7時という時間帯に全国に言葉の爆弾を落とす。
本当に感動して身震いさえした。
そしてそのオンエアを認めたTBSもえらいと思った。

僕はよくわかるけど、自分の本音の意見を言うということは本当に怖いことで、勇気のいるものなんだ。
僕はそれがいつも怖くて怖くてしかたがない。
だから本当の言葉を実は僕はいつも胸の中にしまっている。

でも太田はぶっ放した。
痛快にぶっとばした。

本当に感動した。
そしてエネルギーをもらった。

今きっと誹謗中傷の嵐だと思うけど、太田光には絶対に生き残ってもらいたい。
[PR]
by freestyle-life | 2006-01-04 17:04 | フリスタライフ
<< 雪 凄し 2006 新年の抱負 >>