メイド喫茶かあ
フリスタ編集MIZKです。

フリスタの貴重な紅一点”小日向ひかげ”さんが自身のブログにてメイド喫茶体験記を書いている。
超面白いのでぜひ皆、見よう。
http://blog.livedoor.jp/beteshimehalo/archives/50232386.html

このメイド喫茶というしろもの。
僕も過去に2軒ほどいったことがある。
確か去年の夏くらいだ。
Nさんという友人と興味本位から手探り状態で秋葉原に潜入してみた。
が、いかんせん勝手がわからない。
ので、本屋に行きガイドブックをたよりに目的地を決める。
a0064459_139121.jpg
そして結果としてドンキの上にあるアットホームとかいう店に行ってみた。

感想としては、まあ、こんなもんかというもの。
さすがに注文したレモンティーを目の前でメイドさんのか弱き手によって、やさしくかき回された時は、ああ、これは精神的な風俗だな、うん。と思ったけど。
a0064459_13123066.jpg


でも、冷静に言うけど。
飲食店にメイドさんというか給仕さんがいるのって、よく考えたら日常の風景じゃなかった?
洋食屋とか。
なぜにいつのまにかこんなに貴重がられるようになったのだろう。

不思議だ。

でも、まあ、メイドさんとかそういうアニメ化された雰囲気に惹かれる気持ちもわかる。そういうのって確かに男のどこかにある。
僕にもある。
妄想楽しいしね。

でも妄想の使いすぎには注意しましょう。

オナニーばっかしてるとこの国が滅んじゃうよ!!

”俺にはこの世界がどうなろうと知ったこっちゃないぜ…”ってニヒルに決めるのもありだけど、でもニヒルなオナニーっていうのもねぇ・・・

うーん、どうでやんしょ。



最近は執事喫茶っていうのもあるんでしょ?

次はどんなのが現われる?

僕だったらどんな喫茶がいいかな。

うーん、あっ、これはどうだ。

”20年前の場末のスナック喫茶”

すげー恐ろしい喫茶でマスターはわけあり、客にはヤクザとかその辺の不良がいて皆、タバコを吸いながらインベーダーやってる。でもこの客たちは全部この店のスタッフ。いわゆるメイドの部分。

店の雰囲気は金八先生の不良生徒 加藤がたむろしていた店の感じ。

その店にカランと入ると全員ジロってガンをつけてくる。
何だてめえ見ねえ顔だなって。
そしらぬ顔してカウンターに座るとマスターが何も言わずコーヒーを出してくる。
その間も不良たちによってずっとガンがつけられている。
そしてそのうち不良が因縁をつけてくる。
絶対絶命。
その時もう一人の不良従業員が店に駆け足で騒ぎながら入ってくる。

”おい、みんな、この町にあの伝説の○○さんが帰ってきてるってよー!!”

そしてその不良と目が合う。

”ああーーー!! ○○さん!! ○○さんじゃないですか!!”

ってあなたのことを指差す。

そこで店の雰囲気一変。

あなた、神様。

不良全員、あなたのしもべ。

うーん、天国。



皆さん、妄想の使いすぎにはくれぐれも注意しましょう。
[PR]
by freestyle-life | 2006-02-12 13:41 | フリスタライフ
<< ニーチェと中学校 生きることも死ぬこともイヤな人... >>