金鳥ラジオドラマ ふらふら
フリスタ編集MIZKです。

僕は会社づとめではないので、仕事場で仕事する時に好きなラジオや好きな音楽を聴きまくれるという利点がある。
そんな僕が最近、毎日楽しみにしているのが、ニッポン放送ビバリーヒルズにて放送されている”金鳥ラジオドラマ ふらふら”
a0064459_16265920.jpg
http://www.kincho.co.jp/cm/radio_drama/furafura.html↑ネットでも聞ける!!

これたまんなく面白いんだよね。大好き。
皆さんもぜひどうぞ。


今日は、大阪在住デザイナーカワモトさんのコンテンツ”通天閣の夜空に”を更新した。
http://www.freestyle-life.net/tsuutenkaku-page-base.htm

僕は本籍は大阪だったんだけど、ほとんど大阪の記憶がない。
うーん、いつか自分の過去を探しに行かないとなあ。うーん。
今度、カワモトさんと一緒に大阪でモツ焼きたべながらヘラヘラしたい。


大阪といえば東大阪大学の学生による凄絶な事件。
ほんと凄絶という言葉しか出てこない。
新聞の文面を見るとこういう記述があった”殺さなければ自分たちが殺されると思った”
僕は凄く気が弱いからこういう感覚って理解はできる。
だからこそ怖い。

それにしても暴力は怖い。
心の底から僕は怖い。
そしてこういう事件が起きるたびに思うことが1つある。
それは漫画文化の弊害。

僕自身大好きでたくさん読んできたんだけど、日本には本当にヤンキー文化の漫画が多い。

古くは湘南爆走族
BAD BOYS

最近では
荒くれナイト
Crows
カメレオン
湘南純愛組
QP
などなど

どれも凄く面白いんだけど、読みながら疑問に思ったりもしていた。
それは”暴力”というものをあまりにスタイリッシュにしすぎているということ。
これはね、正直、まずいんじゃないかなと思う時がある。
でもだからと言ってPTAのように目くじらをたてる気もないんだ。
だって正直面白いんだもん。
TVゲームと一緒。
面白いんだよね。
ほんと困っちゃうくらい。。。。

でも、今回の事件で被害者も加害者もその家族もそれぞれ地獄の人生に突入してしまった。その現実だけがゾッとするような冷たさで僕に襲ってくる。
本当に恐ろしい。
[PR]
by freestyle-life | 2006-06-28 16:38 | フリスタライフ
<< 酒やめろ 自由型の人生100 >>