自由型駄文 7-16
フリスタ編集MIZKです。

a0064459_23183435.jpg
あまりの日々の暑さに思わず”その求人誌にきっとFREEの成分は入ってねえぜ”などど毒づく夕暮れ。(※いや、すみません、入っている可能性もあります。はい。(笑))

津田沼という場所での祭りに行って、ほぼタダ酒に近い素敵な時間を過ごさせてもらった。
a0064459_23213049.jpg
浴衣のお姉ちゃんの色気と祭り独特の熱気にやられながら夜は更ける。

近くの大学生と話す機会があり、彼らの年齢が20歳だと聞き、彼らの若さ、そしてもろさみたいなものに一瞬、感じいるものがあった。

そのまま、僕は帰路につき、途中カメラ片手にフラフラ。
a0064459_23252091.jpg

祭りの後の静けさか駅はひどく孤独な匂いがして、ただうな垂れる若者。彼の身の上に何が起ったのだろう。

a0064459_23264734.jpg
自動販売機の明かりに不思議な清冽さを感じシャッターを切る。

カメラは僕にひとり遊びする自由を与えてくれるから好きだ。

自由型駄文 7-16





※フリースタイルライフに写真家、中里和人さんのインタビュー記事掲載しました。是非見てください。
http://www.freestyle-life.net/free-100-page-12.htm
[PR]
by freestyle-life | 2006-07-16 23:28 | フリスタライフ
<< Tシャツでも作ってみようかしらん。 リアルなコミュニケーション >>