ある意味、究極の選択
フリスタ編集MIZKです。

昨夜遅くお盆より帰還し日常に戻りました。
豪雨と雷と停電で電車が止まりまくり大幅に時間が空き、その時間をどうしようかな?と思った時、そうだ、映画でも見るべえと秋田駅の映画館へ。

映画館につくと、どれどれ我が好むようなものはあるかな?と期待しまくり。
以下がNOW上映中とのこと。

シネコン
a0064459_145470.jpg
東京フレンズ
a0064459_1452633.jpg


・・・・・

ある意味究極。

正直に言ってどちらも見たくない。。。
しかし映画を見るいがい3時間も時間をつぶす方法がない。

僕はこう映画館のスタッフに聞きました。

僕は映画を見つつ、体も休めたい、どっちのほうが客入りが少ないのだ?

東京フレンズのほうが客が少なくゆったり席に座れるとのこと、その案内に素直に従い入場。

映画をつくった人、そんな風に映画を利用してしまって本当申し訳ない。。。

でも、本当、申しわけない。。。

やっぱり面白くなかったよ。。。

ごめんね。。。

でもさあ劇中の”よし!海を見に行こう!!” ”キャー!!”

ってさ、勘弁してよ。。。

きついよ。。。

ある意味うらやましい青春ではあるけれども。
[PR]
by freestyle-life | 2006-08-19 14:13 | フリスタライフ
<< 自由型の人生100 マダラスカンク さあ、もう一回頑張ろう。 >>