元気で明るく、という言葉が嫌いで
フリスタ編集MIZKです。

毎日嫌な事件が続く。
国外的にも国内的にも。

いじめの事件とかひどいよね。
正直に言うけど僕の子供が同じケースになった場合、その担任を一体どうしてしまうのだろうと、相当ドス黒い衝動に駆られる。

憂鬱きわまりない世相の中、当然と言えば当然か最近元気ない。
脳が活性化しないというか、発想が炸裂しないというか、ふと色々なものを面倒に感じる。
おまけにああ、俺、ダメだ。とか。
俺、才能ねえなあなどと思いはじめたりする。
うーん。

a0064459_1654156.jpg


でもここからは僕の自論なんだけど、天気に晴れと曇りがあるように、こういう感情はごく自然なことだと思う。
曇ったのなら晴れるのを待てばいい。
ただそれだけ。

でも、ただそれだけなのに、この世界は、この国はとてもうるさい。

元気出せよ!
暗いぞ!
ハッピーにいこうぜ!

やかましいや!
大きなお世話だ。

暴露するけど、僕は”元気で明るく!”という言葉が大嫌いだ。
この単細胞なアホスローガンはよく、従業員をゴミのように使い棄てる企業が口にする。
利益をあげるためにこの言葉を毎朝、毎夜、叫ばせる。
鬱陶しいね。

いいじゃん、暗い時は暗くて。
いいじゃん、元気ない時はない時で。

それが自然の法則だよ。

自然に逆らうと人間は狂うようにできてるんだよ。
ほんとだよ。



ま、そんなことはいいとして今夜はフリスタミュージックナイトのリハだ。
楽しもうーっと。

なんだ楽しいんじゃないか(笑)あはは。。。
a0064459_16443833.jpg
[PR]
by freestyle-life | 2006-10-18 16:56 | フリスタライフ
<< 有楽町で会いましょう 刺激的で楽しい >>