電車でのこと
一昨日かな。

電車に乗ったんだよね。
夕方かな。

まず目に入ったのは優先席にてふんぞり返る大学生ぐらいの二人組み。

着メロ鳴らしまくり。

・・・・・・

ああ。

もうダメ。最近。こういう風景多すぎ。

日本崩壊。

a0064459_11571445.jpg



イギリスの人とかによると日本の電車に、"優先席”というものがあること自体信じられないんだって。
そんなことは行政とかJRとかに言われて、指示されること自体恥ずかしいことで、基本的に公共の場所では全ての席が暗黙のうちに優先席なんだって。

こういうことを文化の成熟というのだと僕は思う。

洋服とか装飾具の買い方ひとつとっても成熟した文化では哲学がある。

日本人のアーパーどもが、意味も知らずブランド物を買い漁るのとは180度違い、哲学を持つものは根本的に、”しっかりと職人の手によって心を込めて創られたものは長く使えるし、自分の子供にも渡していける。だから最初に高価な金額を支払ってでもそこに意味はあるのだという考えをもとに買い物をする。

決して、飽きたからといって質屋にいったりしない。
そんなことは自分の目がなかったということを証明する恥ずかしいことだからだ。

a0064459_11583812.jpg



現代の20代30代40代。

おそろしく幼稚なものが多い。

それはどう言われようと事実だと僕は思う。



***



そんななか、この間、電車内でこんな風景を見た。

非常にシンプルな光景なんだけど、誰がどっからどう見ても、タチの悪そうなR&B系の20歳くらいの奴が照れ笑いしながら、高齢の女性に席を譲って電車を降りてった。

こういう光景に僕は冷たくなった心を溶かされる。

そして、あらゆることを斜めに見ている自分に、”もっとリラックスしろよ!”と言われている気がして僕は苦笑いする。


そんな日々。




***


メッセージなどありましたら是非フリスタBBS←クリック! にてお気軽に頂ければ幸いです。よろしくお願いします。
[PR]
by freestyle-life | 2007-01-31 11:58 | フリスタライフ
<< IKEAなるお洒落家具スポット... 時代は変わる 日本は変わらない。 >>