ロックファッションってどうなんだろう?? ローリングストーン日本版
10YEARS 諦めなければ空は・・・更新しました。今回は”クビ”について書きました。見てね。

a0064459_16211514.jpg


***

雑誌ローリングストーン日本版が出たね。
表紙はカートコバーンだ。
ローリングストーン誌の歴史は古く、それはもうステイタスのある雑誌。

a0064459_14474260.jpg
でも何でかな。
僕はこの新聞広告を見て、何か不快に感じた。

僕はニルバーナが好き。だから死んでしまったカートコバーンを表紙にして商売をするというのが嫌なのかな?
いや違うな。きっとこれだ。

言葉の使い方だな。

ロックなキブンの、とか、とってもロックな、とか、ロックファッションとか。

何かこうそんなに軽々しくロックっていう言葉を使うなよ。という感じがしてしまうんだよね。

話しはそれるけど常々僕は凄く軽々しい言葉が横行している時代だなあと思っていて例えば雑誌LEONの、”ちょいワル”とか、その典型だと思っている。

a0064459_15361233.jpg
LEONとか見てると、こんな軽佻浮薄な大人、絶対子供に尊敬されないよなとか思う。

このロックななんとかという言葉もそうで、僕は本能でもっと真剣に生きろよ、この野郎という感じになる。

表紙のカートコバーンもきっとそう言っている気がするんだよね。

ロックをファッションにしてんじゃねえと、バカどもが!FUCK!!っていう感じで。


でも、まあ、しょうがないか。ロックっていう言葉確かに軽いもんね。

ロックっぽい兄ちゃんとか、ロックっぽいって言う言葉よく聞く。

そもそもロックって何だ??

改めてそんなことまでこの広告を見て思いをめぐらせた。

a0064459_1593847.jpg



ちなみに最近の僕は、自由業ブラボー全開で髪の毛も伸ばしたい放題、服装も個人的趣味全開で、打ち合わせだろうと何だろうとエンジニアブーツ、がこがこ鳴らしながら行く。

そんな僕のことを人はよくロックな兄ちゃんと言います。あはは。

アイ アム ロッカー!!

ちなみに僕にとってロックとは何か?と問われたらこう答えます。

怒り。

a0064459_15501650.jpg






***


まったく関係ないんだけど僕は新聞が凄く好きだ。

よく、新聞はもう必要ないとか言う人、いるけど僕から見れば信じられない。
新聞ほど低コストで毎日読める面白いものはない。
しかも朝と夕に家まで持ってきてくれるんだぞ!?毎日130円くらいで。

こんな凄いサービスないぞ!?そう思わない??

だから新聞を持ってきてくれる兄ちゃんにはいつも感謝してる。
そしてたまに尊敬してる。
新聞販売店の兄ちゃんって異常なくらい働いてるよね。
早朝から夜中まで。

大変なんだろうなあ、と心の底から思う。

世の中には大変な仕事をしている人がたくさんいる。本当にたくさんいる。

あなたの仕事はいかがですか?





***


メッセージなどありましたら是非フリスタBBS←クリック! にてお気軽に頂ければ幸いです。よろしくお願いします。
[PR]
by freestyle-life | 2007-03-10 15:10 | フリスタライフ
<< ナンパしてみっか!? クソババア通信 人生に輝度を >>