人間が生きるということ ~ 永遠のバンドマン 湯川トーベンさん ~  mixiでの「読み逃げ問題」 
フリースタイルライフ 自由型の人生100 vol.22は”湯川トーベン”さんだ。
a0064459_2291160.jpg
http://www.freestyle-life.net/index3.htm

もう30年以上も音楽の第一線で活動するトーベンさん。今回はその魂みたいなものに生で深く触れられたような気がする。
そしてそこには、今この国で失われている"人間が生きるということへの情熱”であるとか、プライドであるとか本当に大切なことがあったような気がする。

”誰も頼らない。一人前の人間は一人で生きるんだよ。”

僕はそういうことを無言で囁かれた気がして瞬間、ハッとした。

自由型の人生100 是非見てみてください。あなたの人生にきっと勇気を与えます。



***


a0064459_2246491.jpg

http://news.ameba.jp/2007/03/3892.php


mixiでの「読み逃げ問題」という言葉を最近よく聞く。

要は自分の書いた日記に何のコメントせずに読み逃げするのが許せん!というきわめてアホらしい問題。

世界が貧困にあえぎ、中東では今も人が戦争で死んでいるというのに、日本ではmixi「読み逃げ問題」

アホらしい、しかしそのエネルギーのぶんだけ実は深刻な現代的な問題。

僕はかねてからMixiに関しては、実は危険なシステムだよなと思っていて、そのことをよく酒の席で知人に話したりしていた。

どう危険かと言うとMixiはそのあまりに簡単に出来るコミュニケーションによって、逆に人間を必要以上に疑心暗鬼にさせたり、必要以上に孤独感をつのらす側面があるんだろうなと僕は思ってる。

今回の「読み逃げ問題」なんてまだ序の口で、僕はこれから、Mixiがきっかけとなった暴行事件であるとか、Mixiを引き金とした自殺なんかもあるんじゃないかと思ってる。。。



現に僕がそうなんだけど、僕が書く文章というのは、かなりきわどい時があるから大体の場合、人は無視するというか触らぬものにたたりなしみたいな感じになる。

それを一時期の僕は、”ああ、みんな僕のことを嫌いなんだな。ケッ!!バカヤロー、こっちから願い下げだぜ!”と勝手に解釈していることがあった。

でもそれってやっぱり大間違いで、実際、ほとんどの人がそんなこと思ってなくて、ただ単に返答しづらい話題だからコメントしない。自分には興味のない話題だからコメントしない。ただそれだけのことなんだよね。

今回のmixiでの「読み逃げ問題」というのは、現代の日本人のコールしたら必ずレスポンスされなければおかしいという異常な思い込み。甘ったれたガキの理論のまま大人になったものたちが引き起こした現象だと僕は思う。

僕はよく言う。
基本的に人生は、コール!コール!コール!それまたコール!!しぶとくコール!!まだまだコール!!で、ちょっとレスポンス(涙) でもそれでラッキー!!

俺、これが大人の生き方だと思うよ。ほんと実際。

世界は自分の思うとおりにはいかないんだ。その自覚が僕は大人への第一歩だと思うんだけどどうだろう。


※まあ、でも実際、Mixiで自分の日記にコメントがないというのは淋しいもんだけどね。気持ちはわかるよ。

※あと、つい暴走してしまったけど、これ本来のMixi読み逃げ問題の主旨からずれてるね。はは。ここまで読ませておいてすんません。




ということで、そんな話題とはまったく関係なく今日は千葉のマザー牧場へと。
羊や牛たちと戯れ、キャー可愛いなどとのたまった後に、マイファミリーそして僕、獣のように”ジンギスカン鍋”を食す。

人生に矛盾を。はは。

a0064459_2238241.jpg


となりの席では偶然、斉藤由貴さんのファミリーがソーセージ食べてた。
なんちゅうシチュエーションだ。





***


メッセージなどありましたら是非お気軽にメールでも頂ければ幸いです。

メール⇒ ココをクリック!!

よろしくお願いします。
[PR]
by freestyle-life | 2007-03-29 22:39 | フリスタライフ
<< 花見いいね 二日酔い地獄変 東京脱出のススメ 強烈な政見放... >>