セカンドライフ? 夕張市長選挙
セカンドライフ。
流行りものにはまずは飛び込んでみよう精神で飛び込んでみた。

http://www.sec-life.com/
a0064459_10511451.jpg
セカンドライフは今、全世界で話題のネット上の仮想空間だ。
実際に現実の金銭もやりとりできるという恐ろしいしろもの。
そして、僕がもっとも嫌いなタイプの世界ともいえるかも知れない。
でも、とにかくやってみないと答えは出ない。
なのでダイブ。

まずは自分のキャラを当社比1.5倍くらいで作る(笑)

a0064459_10513215.jpg

僕が普段よくする格好、デニムに白の長袖シャツに出来て妙に親近感がわく(笑)
名前は当然、MIZK。
まだ始めたばかりで右も左もわからないんだけど、暇を見てやってみるつもり。
皆さん、もし出会うことがあったら仲良くしてください。

でも、このセカンドライフ。本当に凄いことになってる。
電通とかでは、セカンドライフ専門のチームをつくっていて、このセカンドライフ上の経済活動が日常になるとまで断言してる。
そして現実にほとんどの大企業が競ってこの世界に飛び込んでる。

すでにアメリカとかでは相当レベルで浸透しているみたいだけど、実際、これからどうなるんだろう。

a0064459_10583917.gif

まあ、とにかく、慣れたらセカンドライフ上にフリースタイルライフの溜まり場みたいなものは作ってみようかなとは思ってる。相当リアルに会話とかコミュニケーションとか出来るみたいだから、おそらくこれはMIXIより相当面白いのは確かなんじゃないだろうか??

やって見た感想なんだけど、わかりやすく言うとプレステ1の頃の九龍城のゲームとか、その頃の感じ。ほっとけば、すぐグラフィックのレベルはあがるだろうから、数年後には本当にリアルなPS3くらいの恐ろしいことになるのは明白。

セカンドライフ。恐ろしい。

でも、僕にはファーストライフのほうがどう考えても大事なんだけどね。

やっぱり僕のこの世での役目はそういうことなんだろうな。

デジタルとアナログの両方の良いところのバランスをとり、炎とか血とか、アスファルトを切り裂いて咲く草花の勇気とか、そういう忘れ去られてゆくだろうものを死守する。

これからもっともっとそういう僕の仲間の力が求められる時代になると思う。

世界にちらばる僕の仲間たちよ!!これからもっともっと力を貸して!



***


セカンドライフだ何だと言ってられない状態の北海度の夕張市長選挙。

a0064459_10552513.jpg
情報だけ見ていると、政治家にどうしてもなりたいだけの輩が今がチャンスとばかりに立候補しているように見える。
最近の風潮として、他人のためにじゃなく、自分のために政治家になるというのが顕著になりすぎ。悪いとは言わないけど、どこか気持ち悪い。

でも一体、廃墟のような夕張に何の利権が残されているのだろう。

絶対何かあるんだと僕は思う。

夕張市民は今、何を思うのだろう。それこそセカンドライフのようなバーチャルの世界に逃げ込みたいくらいの気持ちだろうな。逆にセカンドライフ的なものが、夕張のような、または世界の貧困地区のようなところの人々の生活を、産業を救うというならば、本当にこれは素晴らしいなと思う。

セカンドライフ、お前はこれからどっちに進む!?








***


メッセージなどありましたら是非お気軽にメールでも頂ければ幸いです。

メール⇒ ココをクリック!!

よろしくお願いします。
[PR]
by freestyle-life | 2007-04-17 10:47 | フリスタライフ
<< ションベンと戦争 すべ友 エロ本 津田沼 酒 >>