TAXI DRIVER
昨夜、深夜やっていた映画”タクシードライバー”を見た。

17才くらいの頃、この映画と太宰治の人間失格が怖くて怖くてこの世で一番、自分の身から遠ざけたいものだった。

僕はNYの街を肩を落として歩くトラビスの姿に、自分がもっともなりたくない将来の自分を見ていた。そして登場する様々なキャラ、特にトラビスに銃を売るセールスマンの病んだ目や、アイリスがいる売春宿の醜悪な老人、そしてポン引きのスポーツ。

それら全てに本能的な恐怖を感じていた。

最近ようやく落ち着いて見られるんだけど、同時に映画って面白いもんだなと昨日は感じた。

昨日見たタクシードライバーは、僕が昔恐怖を感じたものとは少し違った印象があった。

なんというか、少し最後に希望みたいなものを感じた。


昔は一切、そんなこと思わなかったのに、昨日は思った。

トラビスのこれからの人生には希望がある。



本当にいい映画は一生見られるんだな。

そんなことを思った。

a0064459_22491166.jpg





あと、昔、泉谷しげるがトラビスは俺自身だ!って言っていたのを思い出した。
”眠れない夜”っていう曲があるんだけど、そのメロディーが頭に浮かんだ。





a0064459_12333743.gif
※↑ ブログランキングに参加しやした。読んだ人はクリックしておくように(笑)。 以上。
[PR]
by freestyle-life | 2007-09-02 22:47 | フリスタライフ
<< 出来ちゃったもんね。 めっきり冷えこみましたねえ。 >>