色々あるけど自力で生きる。
昨日は今一生さんという、少し前「プチ家出」という造語を世に送りだして久しいライター&作家さんと小一時間ご一緒した。
今さんは最近ではネオニートとか、プライドワークといったキーワードでの自著で現代のリアルな若者の現実に目を向けている。

今一生さん⇒HP http://www.createmedia.co.jp/

a0064459_1823671.jpg

今さんが追ってきた世界というのは、自殺であるとか、鬱であるとか、家出であるとか凄く繊細なものだから、それこそこの20年の間では色々なことがあったみたいだ。

この世界では誰かに何か言ったものは、必然的にまた誰かに何かを言われる。
そんな風潮が加速しているような現代で、それでも今さんは飄々と笑いながら、色々あるけど自力で生きている。そして常に未来のことを考えている。

その今さんのタフさというか、生命力の強さみたいなものに僕は魅かれるものがあって、今回お話を伺った。

出来上がったら自由型の人生100で発表します。
よろしくね。

届け!!君にちっぽけな勇気。

a0064459_16313981.jpg




***


相撲界の暴行問題にさすがに憤慨している。
自分が一児の父であり、そして何より3歳の息子が大の相撲ファンであることも、その怒りに拍車をかけている。

あれは完全に殺人だ。
あの親方、いやただの醜い老人から発せられる匂いは何だ。
何だあの人間の尊厳から最もかけはなれた死んだ魚の目は。

殺人者だ。
あれは…


相撲はその力士の背景とかを知ってから見ると、凄く面白い。
僕はそれを子供とともに学んだわけだけど、そういう意味でも子供たちの夢を壊して欲しくない。
本当にそう思う。


今夜も僕の子供はお相撲遊びをしてから寝る。
その無邪気な顔を見るたびに、あの醜い老人の顔が許せなくなる。

あの老人の顔は、日本に残された最後のカスのようなものなのかも知れない。








a0064459_12333743.gif
※↑ ブログランキングに参加しやした。読んだ人はクリックしておくように(笑)。 以上。
[PR]
by freestyle-life | 2007-10-02 16:31 | フリスタライフ
<< いいぞ!!レディオヘッド!! やっぱり音楽って凄いよね。 >>