白河の清きに魚の住みかねて・・・

"白河の清きに魚の住みかねて元の濁りの田沼恋しき"

これ江戸時代に松平定信による“寛政の改革”が、なんかこう厳しすぎて庶民が、「こんなことなら、少しくらいルーズでも、前の老中、田沼意次のじいさんのほうがよかったよ、こりゃ。とほほ」なんちゅうことを、ちびまる子ちゃん風に思ったとか思わなかったとかの句である。

何が言いたいかと言うと、最近世の中の風潮がこれに近くなってきてないか?ということを、今回の赤福問題で思ったってこと。

a0064459_15572844.jpg

赤福 ・・・ あれ、美味いなあ。。。

甘いもの僕食べないんだけど、たまに赤福は食べたくなる。こしあんが美味いんだよね。でも事実上、赤福、この世から絶滅でしょ。あらららら。

でも、一番気の毒なのは従業員なんだよね。

赤福、関西行けばわかるけど、膨大な店舗があるんだ。キヨスク並だよ。横浜でいえば崎陽軒のシューマイと一緒。

それに関連する仕事が全部、パー!!でしょ。。。これって笑ってすませられないって。父親として、とても他人事に思えないよ。

ちょっと日本は、集団ヒステリーがきつくなってる気がするんだよね。亀田問題もそうだよ。

今回の赤福、実際、食中毒とか、食べたことによって健康を害したとか、死んだとかいう人は、この何十年でいるのかな?いるんだとしたら、それは大問題だから処分は仕方ないんだけど、もし、いなくて、ただヒステリーのように賞味期限が!!賞味期限が!!!と言っているんだとしたら、それは俺は賛同できない。

俺に言わせれば、いいんだよ、いくら再生産しようと、毒じゃないなら。そもそもそんな厳密に片っ端から捨てるなんて、それこそふざけんな。食べ物を粗末にすんな。”もったいない”ブームはただの飾りか?おい。

すげー、ぶっちゃけるけど、基本的にこの国の飲食業界は全部、舞台裏キタネーぞ!俺の経験から言うと、かっこつけてお洒落なところほど、そうだね。まともなところなんか、ないよ。

清廉潔白なクリーンのところなんて、おそらく美味しんぼの海原雄山、美食倶楽部ぐらいだろ。実在しないけど(笑)

僕も一児の父親として、食品に関してはそれなりに神経使ってる。だから、今回の赤福問題ではほんと考えた。そして自分なりの答えを出した。

食品に関する問題は、ケミカルなもの、もしくはDNAに異常を来たすような科学的なもの、もしくは中国のように禁止農薬のもの。そういうことをする企業や国は、絶対許さずに厳罰化すればいい。

それ以外の、売れ残ったものを加熱して再生産とか、俺個人で言えばそういうのはいいや。でも、それを新品同様に売るから問題あるんであって、アウトレットとして、これはB級品ですって安く売ればいいんだよ。逆に喜ばれるって。

だから結局、ミーとホープとかもそうだったけど、嘘つくから大問題になるんだなあと思うんだよね。

嘘はよくないよ。

一個嘘つくと、その嘘を補強するために、さらに13個の嘘が必要になると聞く。その13個の嘘、それぞれにさらに13個の嘘・・・・

ちょっと、オーバーかも知れないけど、これは恐ろしいと思うなあ。

僕も長い間、嘘ついて生きてきたから、嘘が何も生まないって体で知っているんだよね。

ちなみに僕が30年に渡ってついてきた嘘はこれ。

”僕は優秀です。”



嘘だったなあ!!見事に。色んな人、騙したなあ。あはは(笑)そして、たくさん、しっぺ返しくらったなあ(笑)

僕は本当にダメな奴です。たいしたこと出来ません。

こう認めてから、なんて空気のおいしいことか!

なんて人生が楽しいことか(笑)



おすすめします。正直人生。

いいじゃない。サラリーマンが勤まらなくても。




★★★

非常にひさしぶりに”全ての孤独な友たちへ”を更新しました。見てね。

http://www.rosetta.jp/tomotachi/


a0064459_1632866.jpg












a0064459_12333743.gif
※↑ ブログランキングに参加しやした。読んだ人はクリックしておくように(笑)。 以上。
[PR]
by freestyle-life | 2007-10-20 15:51 | フリスタライフ
<< 働きマン イタリアの話し ブッシュ is dead >>