秋の寒空 街を徘徊す
秋の寒空はどうにも感傷的になっていけない。
ちょっとでも隙を見せると僕の心に何かが入り込んでくる。

そんな時どうしのぐか。
立ち飲みやで熱燗を一杯ひっかけて煮込みとTVの相撲。
隣のおっさんの虚勢にブルース。

a0064459_11201215.jpg


いつも思うのはたった一つ。
俺たちは幸せすぎるくらいに幸せだよ。
それはわかっているんだ。だけど。。だけど。。。

一人で街を歩いているとたまに、何かに飲み込まれそうになる。
とんでもなくネガティブな何かに。10代の頃感じたあれに。

a0064459_11215139.jpg


最近の僕はそんな時、カメラを手にすることにしている。
カメラはいい。
消えてしまいそうな自分の存在に意味を与えてくれる。

街の中で透明になってしまいそうな時、僕はあえてただのレンズになる。
レンズ。
自意識もくだらない悩みも何もないただのレンズだ。

a0064459_11484142.jpg



ただのレンズになって、街を見る。人を見る。
すると不思議なほど心が落ち着く。
様々なものが、愛すべきものに思えてくる。

a0064459_11561182.jpg


人は誰でも淋しいんだと思う。
どんなに素敵な恋人がいようと、最高の家族がいようと、仕事がうまくいっていようと、それでもやっぱり人間は淋しいんだと思う。

その寂しさとどう遊ぶか。
僕はカメラを使って寂しさと遊ぶ。

僕の好きなICEというバンドに LA-LA-LA (one is born free)という曲がある。
この曲の中でこう歌われる。”人は皆、形は違えども、同じものを求めてる。”

a0064459_11305811.jpg



そうだな、そういうことなんだなと思う。

フリスタを見てくれている皆さんは、何を求めるのだろう。

寒空の下、御自愛を。




夜は永原元さんのLIVEへ行った。

永原元⇒ http://www.freestyle-life.net/free-100-page-23.htm

a0064459_11335820.jpg

そこでは幸運なことに、またいくつかの素敵な出会いがあった。

↓このLIVEきっと素敵なものになると思います。是非どうぞ。

★11月18日(日)よしだよしこ 眞中ヤス&永原 元 2007 秋のLIVE、
渋谷・神泉 「LANTERN(ランタン)」
http://homepage3.nifty.com/lotus/info2.html





歩け!歩け!
歩けばきっと。

歩けばきっと、あそこに。

きっとあそこに。

最近は、そんな気分で生きている。





関係ないけど、この電車の吊広告

a0064459_11413935.jpg


格差社会で現代の年収、上が97億、下が100万円くらいだって。

自慢じゃないけど、僕、年収36万円のときあったぞ。
それでも結婚生活してた。
今思えば奇跡だな(笑)










a0064459_12333743.gif
※↑ ブログランキングに参加しやした。読んだ人はクリックしておくように(笑)。 以上。
[PR]
by freestyle-life | 2007-11-14 11:36 | フリスタライフ
<< 占いって実際、どうなんだー?? THE 自由型通信 >>