本物 is シンプル。
いやね。実際行ったこともないのに、こういうこと書くのはどうかなと我ながら思うんだけど、今日、ぼけーっと読んでいたAERAの記事の中にこういうのがあってね。

”私が店を閉める理由 … 精進料理『月心居』 棚橋俊夫さん”

この記事の中のこの人の発言がどうにも良くて。

「もともと料理屋になるつもりではなかった。僕の目的は昔も今も、資本主義の世の中で高い精神性と足元の生活を何とか両立させること。店はその過程のひとつ。」

そんなわけでこの若き才人は築きあげた地位と名誉に一切固執することなく、次のステージを目指すという。

うーん、かっこいい人だなあ。

そしてこの人は自分の力で生きてきた人だから、きっと揺るぎがないんだろうね。今回のミシュラン騒動に対してもズバッと胸のすくようなことを言っている。

「いえ、あれがけしからんとは言いません。勝手にやってくださればいい。でも、たかがタイヤ会社の販促のひとつでしょう。それで星がいくつだとか大騒ぎする日本の、特にマスコミが情けない。
だいたい、たった数人の調査員で東京にある膨大な数の料理屋の何がわかるというのでしょう。」




その通り!!

パチパチパチパチ!

芯のある人の言葉は胸にすっと入ってくる。

反対に中身のない人の言葉に限って難解だ。

本物 is シンプル。

最近、そんなことを感じるんだよね。

うん。


a0064459_1618534.jpg




これに少し関連すると思うんだけど、この月心居を愛するライター神山 典士さんの生きてきたプロフィールのページがとっても素敵だなと思えた。(※もちろん会ったことなどない。)

http://www.the-bazaar.net/profile/profile.htm

なにかこう魅力的で興味あるなあ。

うーん、興味あるぞ。。。

うーん。












a0064459_12333743.gif
※↑ ブログランキングに参加しやした。読んだ人はクリックしておくように(笑)。 以上。
[PR]
by freestyle-life | 2007-12-24 16:08 | フリスタライフ
<< むかむか。 泥酔放談 納豆スパ >>