TVドラマ
★★自由型の人生100に登場してくれた今一生さんの対談がnikkei BPnetにて掲載されています。

・社会起業は希望の種をまく最先端のビジネスだ! - ワークスタイル - nikkei BPnet
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/cover/socialentre/080109_1st/

お時間のある人は是非どうぞー。

----------------------------------------------------


TVは嫌いだと言いながら、面白そうなドラマはわりにチェックしていたりする。

最近では、「あいのうた」をおいおい泣きながら、「医龍」を浅田かっこいいぜ!!と必ず見ていた。

今、見てるのは、「あしたの喜多善男」と「斉藤さん」

「あしたの喜多善男」は予想通り!?面白い。
前に草薙君がやっていた「僕の生きる道」と近いテイストか。これもよく泣きながら見てた。

a0064459_15561014.jpg

そして「斉藤さん」

http://www.ntv.co.jp/saito-san/

これはなあ。。。

昨日、第一回を見たんだけど、何かこう、ちょっと難しいかなあと思ってしまった。

内容は、「悪いことは悪い!」と日常と戦うお母さんの話なんだけど、このキャラクターが他人事とは思えなくて、ハラハラする。

そしてこの「大人がちゃんとしていないと世界が狂う。」という思想はまんま僕と同じなんだけど、斉藤さんと僕がひとつ違うのは、その戦い方。

斉藤さんは、例えば、電車の中でヘッドフォンがめちゃめちゃうるさい若者がいたら、いきなりそのヘッドフォンを引き抜くタイプ。

これはねえ、あまりに方法がストレート過ぎて、相当な確率で事件になる。場合によっては傷害事件に。体験済み。

人間はストレートにこられると、本能的にストレートを返しちゃうんだよね。

これは間違いないと思う。

だから、人間に何かを伝えたい時にはカーブやフックを使ったほうが効果的。

これを僕はジョーク力と呼んでいるんだけど、この方法だとけっこういい結果に着地できる。

そして、ものすごいヤンキーのやつでも、なんだ、こいつ、いい笑顔するんだなと思ったことが多々ある。

その反対で、斉藤さん方法で、過去、ひどい目にあった。
もめにもめて殺されそうになったんで、走って逃げた(笑)

そんな、こんなで大丈夫かな、斉藤さん?とドラマなのに勝手に心配してる僕。




でも、良いドラマ制作は素晴らしい仕事だと思う。うん。

頑張れ、現場の人!!






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←読んだ人は是非、ボチっとしよう!!心やさしきあなたのボチっ!!に感謝しますよ~。
[PR]
by freestyle-life | 2008-01-11 15:53 | フリスタライフ
<< 新たな出会い 逃げられないんだよね >>