オリバーストーンの動きが凄い
 映画「プラトーン」などで知られるオリバー・ストーン監督が、ブッシュ米大統領を描く新作「ブッシュ」を撮っているという。

内容も、アル中だった、ブッシュというダメ男が最高権力につくまでをセキララに描くということで、正直、オリバーといえば、かなり反ブッシュ派だった記憶があるから凄く興味深い。

a0064459_8372418.jpg

最近のオリバーと言えば、キューバのカストロを映画にした「コマンダンテ」 

そして、イラン大統領を取り上げた作品の制作を希望と、おそろしく精力的に動いている。

オリバーはきっと、今の世界を映画の力で変えたいんだろうな。

そしてきっとこう言いたいんじゃないかな。

”全てに正義もあり間違いもある。いいかげん、みんな、それを認め合うんだ。”



オリバーストーンの動きから目が話せない。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←読んだ人は是非、ボチっとしよう!!心やさしきあなたのボチっ!!に感謝しますよ~。
[PR]
by freestyle-life | 2008-01-23 08:36 | フリスタライフ
<< 選択の時代 さすがに許すことができない。 >>