選択の時代
昨日はひさしぶりに、自由型の人生100の取材で、横浜は ユナイテッドピープルという会社へと。
http://www.unitedpeople.jp/

a0064459_1093342.jpg

ユナイテッドピープルは少しでも世界をよくしてゆこう!というソーシャルベンチャーの会社なんだけど、凄くよい話が聞けたと思う。

詳細は、フォトノス金子さんの手によって文章化されるんだけど、代表の関根さんが現在に至るまでの話が凄く興味深かった。

僕は興味のある人には、いつも決まって”なぜ、それをやろうと思ったのか?”という質問をぶつけるんだけど、関根さんの起業の理由のひとつが凄くよかった。

それは、”当時つとめていた会社が本当に激務で、冗談ぬきで休みもなく、家にも帰れなかった。そしてついに体を壊し、入院したんだけど。その時、強く思った。「こんな風になるために生まれてきたんじゃない!」”

(他にも、途上国の現状を生で見て、そのあまりの悲惨さにいてもたってもいられなくなったという理由もあるんだけど。)

そこから、関根さんは会社を辞めて、ユナイテッドピープルを始めるんだけど、ああ、これを聞けてよかったなと思った。

今、同じような境遇で葛藤したり、苦しんだりしている人、たくさんいると思うんだけど、それは自分の選択で人生を決めるターニングポイントなんだと思うんだよね。

フリスタで紹介する人は皆、そうだけど、このターニングポイントでどう生きるか。これが全てなんだろうと思う。

今でこそ、関根さんは成功して賞賛を浴びているわけだけど、始まりは、まわりから見ればドロップアウトなんだよね。

※関根さん自身も言っていたけど、会社を辞めた時は"逃げた”とかそんな感じのことをさんざん言われたらしい。

だから大切なのは、周りの言葉なんかに流されないで、”自分はつまるところ何が本当にやりたいのか?”ということを、貫くことなんだよなと改めて思った。



誰に頼ることなく、自分の力で生き方を決めてゆく。

今は、そんな選択の時代だと思う。

自分の力で生きてゆくことは大変なことだけど、でも、それって実は人間の基本なんだよね。

いつのまにか、この基本があやふやにされちゃって、多くの人が、きっと誰かに守ってもらえると勘違いしている。

そして医療の現場や、行政の現場で様々な身勝手な問題が起きてる。

基本的には人間は人を頼っちゃいけないんだ。

そしてそれを人は自立とよぶんだと思うんだよね。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←読んだ人は是非、ボチっとしよう!!心やさしきあなたのボチっ!!に感謝しますよ~。
[PR]
by freestyle-life | 2008-01-24 10:08 | フリスタライフ
<< オールド・マン・リバーが凄くいい オリバーストーンの動きが凄い >>