ロフトプラスワンにて
昨夜はサンクチュアリ出版より出た「絶望男」という本の出版記念イベントへ。

※コトバのアトリエ、山本さん呼んでくれてありがとう!

a0064459_1038189.jpg

↓絶望男、白井さんの記事
http://www.asahi.com/komimi/TKY200712110282.html

場所は新宿ロフトプラスワン。
見知った顔にもたくさん会えて、みんな元気そうで楽しかった。

著者である白井さんは意外とひょうひょうとしていて、明るかったのが救いだった気がする。
話題の赤木さんも意外といい若者っぽくて、メディアから想像されるイメージと違っていたのが印象的だった。

◆◆◆

赤木智弘さん:
フリーターの立場からの社会時評を行っている。『論座』2007年1月号に掲載された論文「「丸山眞男」をひっぱたきたい」は、フリーター、ワーキングプアの焦燥感と不公平感を描いたこと、一流の政治学者の丸山が二等兵として徴兵され、上官から嫉妬混じりのいじめ・私的制裁を受けたことを平等の名の下に肯定的にとらえる論説はさまざまなメディアで取り上げられ、物議を醸した。

http://t-job.vis.ne.jp/

◆◆◆


やっぱりメディアでのイメージというものは、一人歩きするものだなあと思う。
赤木さんの文章なんか読むと、どんなイヤなやつなんだと思うけど、生で見るとやっぱり違う。
人はみんなそうなんだろうなと思う。

僕も、よく初めて会った人からよく”想像していたよりも、ずっと優しいんですね。”とか言われる。”僕はいつもフレンドリー、どんなイメージ持ってたんですか?”と聞くと、”いや、なんか、いきなり殴られそうなイメージ”とか言われたことがあって、俺はいったいどう思われてるんだ!?とか思ってよく苦笑してる。

僕、基本的に恐ろしいくらいフレンドリーです。はい。


同席した人とも話せたりして良いひと時だったなあと思う。
(Oさん、Aさん、今後ともよろしくね。)



ちなみに、昨夜は嬉しいことが。

ダメもとでロフトプラスワンの綺麗なお姉さんにお願いしたら、フリスタMAG、ロフトプラスワンに置いてくれることになった!!

フリスタMAGって?↓
http://www.freestyle-life.net/fsl-project2-page.htm

やった!!!

サブカルの聖地、ロフトプラスワンに、フリスタMAGが!!

いやー、言ってみるもんだねえ。あはは。嬉しい。

a0064459_10452777.jpg





帰り、新宿駅で”私の詩を買ってください”というプラカードを下げた女の人がいて、最初、うーん、アングラだなあ。。。かからわんとこ。。。などと思い、通り過ぎようとしたんだけど、何かこう、いや、あれは、ある意味、究極のインディーズだよな。勇気あるよなあと思いなおし、思い切ってその詩集を買ってみた。

300円也

内容は、うん、まあ、寒くて頭まわらなくていまいちその良さがわからなかった。

でも、勇気は感じた。

それで十分。

a0064459_1612253.jpg






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←読んだ人は是非、ボチっとしよう!!心やさしきあなたのボチっ!!に感謝しますよ~。
[PR]
by freestyle-life | 2008-02-02 10:36 | フリスタライフ
<< きっと頭がおかしいと思われてい... 空は青くて広いぜ >>