感動的な風景
産経ニュースで見たこのニュース。

”ピラミッド前でたこ揚げ、エジプト邦人児童ら挑戦”
http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/080209/mds0802090912001-n1.htm

a0064459_102255.jpg
何かこう写真から伝わってくる空気を思うだけで、朝から素敵な気分になった。(※写真は産経ニュースから)

世の中はどうしようもないけど、まだまだ捨てたもんじゃない。

それの証明のようにも思う。



***


今日は近くの幕張メッセで、Rage Against Machine のライブだ。(※いかないけど)

レイジに関しては↓のサイトを読めば、ほとんど全てのことがわかると思う。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~letsrock/history_RATM.html

とにかく、バンド名どおり、”社会組織や大資本といった理解力や慈悲のない社会構造への怒り”

これがこのバンドの全てだ。

a0064459_10383844.jpg

レイジや、U2、Radiohead、シェリルクロウ、ブルーススプリングスティーン とか世界中に、ロックを通して政治を変えようという人々が大勢いる。

いや、日本にそういう表現者があまりにいないだけで、もともと、こっちが本流だ。

だから、本当に疑問に思う。一体、何なんだろうこの国の音楽は?って。

特にヒットチャートTVショーであるとか、にせR&Bであるとか、カラオケミュージックであるとか、片っ端からぶち壊したくなる。

もちろん、日本にも素晴らしいアーティストたくさんいるけどね。

浅井健一とか、ARBとか、エンケンとか、ACIDMANとか、泉谷しげるとか、奥田民生とか、アナーキーとかその他、たくさんたくさん。


でも、ほんと、こう何とかならないかな。

日本っていう国、特有の”政治のことを語るのはダサイ”みたいな風。

この風っていつまでたってもなくならない。不思議だ。



とにかく、今日の幕張にはどんな人々が集まるのだろう。

僕も行きたかったけど、ずばり!!金がなかった!!ああ。。

チケット高い!!9000円!!

何度でもはっきり言うけど海外アーティストのチケット高すぎだって!

金持ち層しか見れない、反社会的音楽!?

昔、パールジャムっていうバンドが、自分たちのバンドのライブチケットが高すぎて、色んな人に見てもらえないからっていう理由で、プロモーター相手に訴訟起こしたんだ。

チケットを貧乏な若者にも買えるくらいの金額にしろって。

結果、巨大な利権には勝てず敗訴してパールジャムは干されたんだけど、これは何かを証明してるよね。

そう、途中でぼったくられてるって。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←読んだ人は是非、ボチっとしよう!!心やさしきあなたのボチっ!!に感謝しますよ~。
[PR]
by freestyle-life | 2008-02-09 10:05 | フリスタライフ
<< 打ち合わせという名の飲み お金を稼ぐということ >>