ウォルトホイットマン
アメリカの詩人にウォルトホイットマンという人がいた。

a0064459_1544892.jpg
この人の生涯に最近の僕は凄く勇気をもらっている。

ヘンリーミラーの回想記に書いてあるんだけど、彼は最初、自分の詩集「草の葉」を自費出版で800部つくり、それを自らの足で見知らぬ家庭のドアを叩き、売ってまわった。

a0064459_15443466.jpg
これだけで、僕の胸にはグっとくる何かがあった。

※きっと、気持ち悪がられて、誰も買いやしなかっただろうな。でも、こういうのを僕は勇気と呼ぶんじゃないかと思ったりしている。


その後、ホイットマンは死ぬまでこの「草の葉」という詩集に手を入れ続け、最後には歴史的な一冊となった。

はじめはわずか95ページだった誰も読みやしない薄い詩集が最後には、世界中の誰もが知る一冊のぶ厚い詩集になった。

ホイットマンは”大道の歌”という詩でこう高らかに宣言する。



今から僕は幸運を求めない!ぼく自身が幸運だからだ!

これからはもう何もいらない。

強く満たされ、僕は大道を旅ゆく。






・・・生きる力に満ちた詩だなあと思う。






まったく関係ないけど、自由業のさだめ、確定申告の時期だね。

うえーー、めんどくさい。

税金から自由になりたい。うむむむ。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←読んだ人は是非、ボチっとしよう!!心やさしきあなたのボチっ!!に感謝しますよ~。
[PR]
by freestyle-life | 2008-02-26 15:42 | 勇気もらった言葉とか
<< 青春ハートブレイカーズナイト!! 津田沼 EL CAMINO(エ... >>