犬死にせしもの
昨夜、ひさしぶりに映画”犬死にせしもの”を見てみた。

a0064459_237164.jpg
1986年 監督:井筒和幸 原作:西村望
出演:真田広之 佐藤浩市 安田成美 平田満 堀弘一 今井美樹 吉行和子 蟹江敬三 木之元亮 中村玉緒 西村晃


映画っていうのは何がいいかというと、時間がたって見ても、何か新しい発見があること。

その深さというかな、2時間に込めたエネルギーがやっぱり、火曜サスペンスとは違い、凄まじいから、それが永遠に残る。そしてその凄まじさが色あせない。これが映画の凄さだと思う。

色々、難しい世の中だけど、理想としてはこの永遠に残る仕事。こういうことに自分の人生をかけたい。そうシンプルに思う。

とにかく、この映画”犬死にせしもの”は良いです。

主人公たちは、戦争帰りで、日本に帰ってきても非国民、邪魔者あつかいされて居場所がない。※このあたりは、ベトナム戦争帰りのアメリカ人と同じで非常に興味深い。

そんな男たちが海賊として生きることを決め、自分たちが戦争で命を張っている間、ぬくぬくと腹を肥やしたヤクザや権力にたった一隻の船で戦争をしかける。

男のプライドと、大切なものが描かれています。

もしかしたらフリースタイルライフを通じて言いたいのは、この映画に描かれているようなことなのかも知れません。




自分の中にある譲れないもののために、命をかけるくらいの男であれ!!

そして、安易な成功を求めるような安い男になるな!!




でも、安いものにも魅力あるときあるけどね。

それはまた違う意味で。








にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←読んだ人は是非、ボチっとしよう!!心やさしきあなたのボチっ!!に感謝しますよ~。
[PR]
by freestyle-life | 2008-03-31 22:57 | 勇気もらった言葉とか
<< ガソリンもっと高くすりゃいいじゃん ランブル イチゴ >>