卑怯者
卑怯者

卑しく怯える者と書いて卑怯者。

こうやって文字を分解してみると、わかりやすいね。

なんで、こんな話をするかと言うと、GW中、義理の父にこう聞かれたんだ。

”お前の息子、どんな大人になって欲しい?”

僕はしばらく考えて、こう答えた。

”卑怯者でなければ、なんでもいいです。”



いつのまにか、卑怯者が跳梁跋扈する世の中になっていると思う。

卑怯という言葉を、ビジネスという言葉にさらっと置き換えてクソみたいな野郎がのさばっている。

そしてこう言う。

”これが弱肉強食さ。”




そうじゃー、ねえだろう。

それは、弱肉強食じゃねえだろう。

ただ、卑怯なだけだ。

自分で、自分が卑しく、怯えているのがわかるから、懸命にそれを隠そうとする。

そして、人を騙す。卑怯な手口で。



とにかく、僕はこう思う。

人間は卑怯でなければ、なんだって素晴らしいよ。

ヤクザだって、サラリーマンだって、フリーターだって、家事手伝いだって。

卑怯でなければ、みんな素晴らしい。

俺は気のいい素敵なチンピラのことも知っているし、卑怯を憎むかっこいい弁護士のことも知っている。

だからさ、結局のところ、人間の価値はきっとたった一つだよ。

卑怯者か、それとも卑怯者でないか。





卑怯になったらお終いなんだよ。

政治家だろうが、金持ちだろうが、権力者だろうが。



きっと。



そんなことを、ミャンマーのことを考えながら思った。


a0064459_0315544.jpg








にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←押せ!押すんだジョー!!(笑)

ランキングが上がると何かいいことあるのではないかな~という気がするので、お手数ですがクリックしておいてくださいな。ボチっとしてくれた人にはいつかどこかでいろんな形でお礼します。きわめて曖昧ですが(笑)

a0064459_1675940.jpg

[PR]
by freestyle-life | 2008-05-10 00:25 | フリスタライフ
<< mihimaru GTと智恵子... 嬉しいのか 悲しいのか >>