大事なこと アンド 蟹工船

a0064459_15183510.jpg


とどのつまりね。

人生はトライ アンド エラーで、あがくしか幸せになる道はないと思うんだよね。

挑戦し、失敗し、へこみ、もう辞めちまおうか、こんなことと思い。しかし、いや、待てよ!!まだだ、まだだ!!と起き上がる。

だから、あがいてる。今日もあがいてる。昨日もあがいてた。きっと明日も。。。

だけど、そんな日々の中だからこそ、路傍に咲く花に美しさを感じたり。


あがけ!!それが人生だ!!

みっともないくらいでちょうどいい。


※えらそうで、すみません。


でも、今日もトライアンドエラーして、少し心が嬉しくなることがあったよ。うん。これは確かなんだよね。



***

a0064459_15462541.jpg


こっから別の話。

「蟹工船」流行ってるなー。

自慢じゃないけど、俺、高校生の頃から読んでたよ。

当然、まわりからは変な目で見られてたけど。

プロレタリア文学を愛する高校生。そりゃーやばいよ!(笑)


でも、現代の若者が、この作品にシンパシーをよせる気持ちは痛いほどわかる。

だけど手厳しいこと言えば、ちょっと遅いかな。そういう文学的なものに目を向けるのに。その遅さが今の自分の現状を創っている。

今、時代は、企業は人間を使いすてにするな!!とか、待遇をあげろ!とか言っているけど、まあ、改善は無理だと思うな。

なぜなら、その冷たさこそが、企業の存在意義だから。

だから企業を変えようとしても意味ないんだよね。

企業を壊すか、新たに自分のやり方を創らないと。

言葉を変えると、自分なりの企業とのつきあい方というのを確立しないとダメだと思うんだよね。



蟹工船のラストはね、結局、警察や国家と企業が結託して、反対の声をあげた労働者を封じ込めるんだよ。こんな残酷な結末はないよね。でも、これが現実だよということも教えてくれる。




これから残念だけど、もっともっと、この社会は冷たく、殺伐としてゆくと思う。

その象徴がニュースにもなっている花を蹴散らす人々のマイナスのエネルギーだと思う。

そんななかで、僕らはどう生きるのか。



笑うのも自由だし、心を閉ざすのも自由だ。

人を傷つけるのも自由だし、人を喜ばすのも自由だ。



その自由のなかで、君は何を選ぶ?

僕は楽しいほうを選ぶとするよ。うん。









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←押せ!押すんだジョー!!(笑)

ランキングが上がると何かいいことあるのではないかな~という気がするので、お手数ですがクリックしておいてくださいな。ボチっとしてくれた人にはいつかどこかでいろんな形でお礼します。きわめて曖昧ですが(笑)

a0064459_1675940.jpg

[PR]
by freestyle-life | 2008-05-19 15:43 | 自由型語録
<< 超極楽シネマライフ 募金への思い >>