フリーであるということ。
a0064459_1472613.jpg


今、引越しを考えていて、

不動産会社などに行ったりするのだけれども、

そこで、ついぞ忘れていた重大なことを改めてつきつけられた気がする。

それは、今さらだけど、僕がフリーであるということ。

会社員や法人ではなく、実にたった一人のちっぽけなフリーであるということ。

すっぱり言ってしまうけど、まったくもって信用がない!!

物件の契約にあたり、徹底的に連帯保証人や収入のことなんかを確認される。

正直、これには、ガガーン!!ときた。

そうかー!!俺、社会的な信用がなかったんだ!!と改めて思わされた。

これは何気にストレートがもろに入った感じで、ヒザにガクっと来た感を否めない。

まあ、へっ、へへへへへへっ!!と苦笑いをするしか対処方法がないのだけれども・・・



でも、こう思った。

確かにこう思った。

もっと強くならなくちゃ、いけんなあと。

今は会社も作りやすくなったし、これからは自分のことを法人化するということも視野にいれて生きていかないとなあと。

フリーだなんだと気取っているけど、連帯保証してくれる、社会的にしっかりした人の助けがないど、引越しもスムーズに出来やしない。

これはひどく甘えた、自立していない生き方だなあと、正直思った。

もっと切磋琢磨して強く、厳然とした存在を目指そう!!

そして、僕自身が誰かの保証人になれるような、社会的な信用を持った男になろう!!




そんなことを、いつになく、真剣な顔して思ってしまったんでやすよ。

はい。




でも、負けません。

ええ、一切、後ろを振り返りません。

ひたすら、前進あるのみです。

自分の道をただ、自分の足で歩いてゆくだけです。

それが、きっと、生きるっちゅーことです。

きっと。



俺よ、頑張れ!!

そして、同じような思いをしている、全ての自由人よ!!



助けて!!(笑)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←読んだ人はボチっとしよう!!傷をなめ合うようににボチっとしよう!!(笑)

a0064459_13554247.jpg

[PR]
by freestyle-life | 2008-07-06 13:55 | フリスタライフ
<< 引越し地獄変 もっと強く もっと揺るぎなく >>