大麻の記憶
レイブパーティー摘発とか、相撲の若乃鵬の逮捕とか大麻所持でつかまる事件多いね。

a0064459_14202566.jpg

なんでも、覚醒剤より手軽で自分でも栽培できるから、前代未聞のもの凄い量の大麻が国内にあるらしい。

大麻に関しては色んな記憶があるね。
そうとう昔のことだけど、僕は高円寺とかの暴力的なライブハウスによくいたからね、もうね、まわりは大麻の煙だらけよ(笑)

副流煙なんてもんじゃないよ、副流大麻だよ(笑)
よく見たなあ、きまっちゃった人たち。
女子高生なのにジャンキーみたいな子もいたし。
あの子、幸せに生きているのかなあ。

僕は昔からどうにもタバコもそうだけど、煙系のアイテムが苦手でね。だから、大麻は常に敬遠してた。そして、大麻で決まって甘くトロンとしている人たちの雰囲気も嫌いだったな。なんか不潔な感じがして。

薬物もそうだけど、結局、不潔になってゆくんだよね。トリップ系のやつをずっとやっていると。
そしてどんどん人生が壊れてゆくんだよね。

そういうのやっぱり良くないよ。
証拠にまわりで薬物に手をだした人で幸せになったっていうの聞いたことない。自殺したっていう話もある。ミュージシャン系には多いんだよね。薬物やって孤独になって自殺しちゃう人。

アルコールもそうだけど、心は必ずバランスを取るようになっていて、無理に楽しい気持ちをつくりだせば、そのぶん、心はダークなもの、ネガティブなものを作り出す。そのダークな部分に、いつのまにか殺されちゃうんだろうね。だから、アルコールの過剰摂取ももちろん良くない。

でも、もちろん僕は薬物や酒で現実逃避したい人々の気持ちもわかるんだけどね。

だけど、ドラッグストアカウボーイの主人公ボブも最後に言っているとおりね、それは、いつか必ず負けるとわかっているレースなんだよ。

a0064459_14231491.jpg

勇気を持っていつか止めなくちゃいけない。そんなレースやめなくちゃいけない。今すぐでなくてもいい、だけど、いつかおりなくちゃいけない。大麻や薬物っていうのはそういうもんだと思うね。

でも、アメリカ大統領候補のオバマも、昔、大麻を経験したと正直に告白したように、吸ってみたってこともひとつの経験だとは思うけどね。

青春の過ちで終わらせられるか、それとも、一生、依存する奴隷になるか。

重大なクロスロードだよね。



ちなみに、インタビューで若い薬物中毒者たちに一言求められて、ローリングストーンズのキースリチャーズは言ってたね。

”Survive!(生き残れ!)”って。


渋い言葉だね。

やめろとか、そういうのじゃなく、生き残れ。

a0064459_14245629.jpg





まったく関係ないけど、ひさびさに映画”アウトサイダー”を見た。

よかった・・・ 

映画っていうのは、年齢が変わると感じ方が変わるのが面白いよね。

それにしても、マットディロンばっかり見てるな。ほんと。

a0064459_14272321.jpg

[PR]
by freestyle-life | 2008-08-19 14:19 | フリスタライフ
<< 儲けるとは”信じる者”と書く 日当たり良好!? >>