<   2006年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧
黒いナイフ
フリスタ編集MIZKです。

日本テレビのアナウンサーが盗撮でつかまったというニュースを聞いて、ああ、という気分になった何日か前。
そのことを元日本テレビのアナウンサー薮本さん(だったっけ?)が自身のブログにコメントして2ch関係の人々に大批判を受けてへこまされていたのも数日前。
薮本さんは確かこう書いたと思う”男の子はいつまでたっても女の子のパンツが好きな生き物”。

このコメントに対して犯罪擁護だと大批判を受けていたみたいだけど、僕は的は得ているなと思ったりしてた。

僕はよく性犯罪のことを考える。
この現代のタブーに関してよく考える。
なぜなら僕自身の中にいつまでたっても消えない黒いナイフのような禍々しい欲望が渦巻くから。

a0064459_105488.gif

正直に言うけど、僕は街を歩くとき、電車に乗るとき、全ての普通とされる日常生活の中で信じられないくらい自分の理性と戦っている。オスとしての自分の猛々しい狂った欲望と日々戦っている。そしてそれを最終的に抑えこめるのは社会的な体面とかの自身の中にあるリミッター。
もしかしたら去勢されてロボトミーに少しだけされたリミッター。
みんなはどうなんだろう。

a0064459_10553257.jpg


子供に向かう歪んだ性犯罪は言語道断。
どんな背景があろうと許せない。
国家から特別に許可されるなら犯人をやりに行きたい。
そんなチームを組みたい。

でも、正常に発情したオスが、正常なメスに正常に欲情する。
これを臭いものにフタで画一的に封じ込めてしまっている現代社会。
これはやっぱり無理があるし限界はあるだろうなあと思う。
でも、まあ、それを必死に理性という人間の武器でやり過ごす。
僕は常にそんなことを思いながら、街中を苦虫を噛み潰したような顔をして歩いている。
街中で苦虫を噛み潰しているような顔をして歩いている人がいたら、それは僕か、もしくは同じ悩みを抱えている人に違いない。

と、勝手に決め付ける。はは。

こういう問題に関してスタイリッシュに描いた大江健三郎、性的人間という作品があります。
是非読んで見ることをおすすめします。
a0064459_10412511.jpg




インドネシア大地震
なんにも出来ないけど電話で募金は出来るとのことで、電話してみた。
0990-51-6000
↑TBSラジオの災害募金Q2
このQ2での募金、一回電話すると100円募金できる。
僕はこの仕組みは素晴らしいと思う。
[PR]
by freestyle-life | 2006-05-31 11:01 | フリスタライフ
迷える中年たちへ
フリスタ編集MIZKです。

まあ、いつものように送られてくるエロSPAMメールに最近では、ああ、ちょっと騙されてみたいなどと思いつつ削除。

a0064459_023512.jpg
そんな一日の始まり。

さあ、月曜だ。
オイラは月曜は決まった仕事があって必ず電車に乗るんだ。
そして見るんだ!この光景を!
腑抜けた面した大人が少年ジャンプを読む光景を!
(※もういいかげん言うのも飽きてきた。)
でも今日はスペシャルだった。
ジャンプだけで済まなかった。
単行本派のサラリーマンが多数いた。

何、読んでんだ?チラ
DEATH NOTE。
うーん。

何読んでんだ?チラ
忍者武芸帳
うん、これは良し(※すみません勝手で。)

何読んでんだ?チラ
BLEACH
うーん。。

うーん。。。

やっぱり日本はもうダメかも知れない。

せめてこち亀にして欲しいと思う今日この頃。

この国はアメリカの次に少年ジャンプに占領されたんだ!!

はは。



たわごとはいいとして、フリスタ連載、"迷える中年たちへ” by フリスタ編集 フォトノス金子 更新しました。

a0064459_0335873.gif
http://www.freestyle-life.net/k-contents-mayoeru-page-base.htm
僕はこのフォトノスさんのお人柄がたいそう好きなのですが、そのフォトノスさん、苦労しているなあと心から思う。
僕のまわりには、うぎゃー!!!っていうレベルの苦労している人もいるけれど、フォトノスさんも負けてないと思う。
そんな連載、"迷える中年たちへ”是非ごらんあれ!!

独立は甘くないぜ!!

オイラはフリースタイルライフといういかにも人間、自由に生きなきゃ!!というサイトをやっているにもかかわらず実は、たいそう現実主義者です。

人間が好き勝手に生きるには、圧倒的な才能か、もしくは圧倒的な財力がいる、そのどちらもない人間の自由なんてただの妄想。

これは事実。

そして伝えたいのもこの一点。

自由に生きたいものよ。

それ相応の地獄はある。

でも、それを覚悟して生きる人が私は好きなのです。

そしてそういう人々を僕は愛しているのです。

うーん。

でも、ちょっと我ながら矛盾しているような気もするなあ。

うーん。

こんなんですみません・・・
[PR]
by freestyle-life | 2006-05-30 00:41 | フリスタライフ
逆襲日和
フリスタ編集MIZKです。

一昨日のショックが抜けない。
そのくらいアーティスト田中雄一郎氏に会ったのは衝撃的だった。

凄い人物に出会うと僕は決まってこのパターンの精神行動をとる。

1、現在の自分と相手を比べてしまってああ、俺はダメだなあと落ち込む。
2、次に嫉妬する。なんであんなすげーんだって。。。
3、そして酒を飲む。ばかばかと。憂さをはらすように。
4、結果、二日酔いになる。(一時的にダメになる。)

まあ、今回も案の定そんな感じだったんだけど、だけど今日、1つだけ違う自分を発見した。

なんと5、が出てきた。

これは実は初めてかも知れない。
その5、はこれ

5、オイラも負けずにやる。

うおー成長しているぞ。

俺もやるぞー!!やると言ったらやるぞー!!!

何を!?

というヤボなことは言わないように。

今度教えます。

ふふ。

a0064459_2162685.jpg
[PR]
by freestyle-life | 2006-05-25 21:07 | フリスタライフ
田中雄一郎氏 VS 誠一郎 at 外苑
フリスタ編集MIZKです。

昨夜は濃かった。。。
そして強烈だった。。。クラクラしそうなほど。

東京は外苑という場所で行われたアーティスト田中雄一郎氏へのインタビュー(聞き手、誠一郎)a0064459_15433837.jpg
↓田中雄一郎氏WEBサイト
http://www.tanakayuichirono1.com/

田中雄一郎氏の活動の詳細情報は↓をクリック!
PVとかも見れるから必見だー!http://www.bbmc.co.jp/music/yuichiro_album.html

計3時間にも渡るロングインタビューとなり、本当に内容濃いものとなった。
僕は今まで様々な色濃い人と会ってきたけれども、田中さんは確実に上位に入ると思う。
本人も言っていたけれども、まさに肉食獣!!というエネルギー。

外苑前のカフェにてインタビューが行われたのだけど、田中氏、誠一郎、僕、マネージャーの堀中さんで構成される一種特殊なオーラを発する4人組はまわりからはどう映ったのだろう。
まあ、僕が知らない人なら近づかないな。(笑)
だって怖いじゃん。正直言って。はは。(笑)

現在、インタビュー原稿作成中。
こうご期待!!

田中氏のさまよえる魂の放浪を突き抜けた生き様は、きっと迷えるあなたに勇気を与えます。

僕はそう信じます。

では。
a0064459_161181.gif
[PR]
by freestyle-life | 2006-05-24 16:01 | フリスタライフ
殴り合い
フリスタ編集MIZKです。

本日は知り合いのボクサー大橋進之助さんの最後の試合へと行きました。a0064459_23134589.jpg
僕は昔、短い間でしたが空手をやっていました。
いわゆる寸止めではなく、本当に殴りあうタイプのフルコンタクトと呼ばれるものです。
その経験があるからでしょうか、ボクサーの恐怖、緊張というものが本当に理解できます。

人と人が殴りあう。
それは本当に死を覚悟しないと出来ない。壮絶なものなのです。
それが僕のベースにあるので試合を見ていて涙が止まりませんでした。

闘う者は皆相手よりも自分と戦っている。
自分の中にある自分の恐怖心と闘っている。

これは何でもそうで真剣に生きている人には全て共通するものだと思います。
だから本当に真剣に生きている人は他人に優しいです。
人の痛みを知っているから。

だから僕は生身で殴りあった経験のない人を、言葉を、信用しないんです。
でも誤解がないように言いますが、この殴り合いは決して格闘だけではないです。
仕事だって立派な殴り合いなんです。
要は何からも逃げず、正面きって自分の体をさらす人が好きなんです。
そしてそういう人を見たいと思う。。
話しを聞きたいと思う。

これは、これからさらに進む体温のない社会にもっとも求められることだと思う。

人と殴りあう勇気を!

すべての人に闘う勇気を!




大橋さんお疲れさまでした。

疲れがとれたらまた遊んでやってください。

a0064459_23234178.jpg
[PR]
by freestyle-life | 2006-05-22 23:24 | フリスタライフ
銀座、BIGISSUE、エロい女、ニート
フリスタ編集MIZKです。

本日はひさしぶりに銀座有楽町へと
a0064459_0324768.jpg
アーティストAKIのイベントの撮影だったんだけど、
AKI HP ↓
http://www.life-aki.com/
駅前でBIGISSUEを売っているホームレスのおっちゃんと遭遇。
a0064459_036482.jpg
億万長者続出の宝くじ売り場のキャッチコピーと一冊200円のビッグイシューを売って人生の再起を願うホームレスのおっちゃんの組み合わせに、人生複雑怪奇だねえなどと思いながら、おっちゃんから一冊購入。

その際に偉そうにも、おっちゃんに”頑張って”などと声をかけてしまう。
おい!てめえ、MIZK、頑張ってください、だろう、てめえ何様だ!という自責に数分苦しめられるが通りすぎるどうしようもなくエロイかっこした女に目が行き麻痺。

盗撮して捕まるやつの気持ちは現代の男はだいたいわかるんじゃないかな。
隠すか隠さないか。
隠すのが下手なやつはあっち行きだ。
それくらいこの世界はエロ本化してる。

話しは戻って、ホームレスになるにはなる理由があるだろうし、過剰に味方になるつもりもない。
だけど、ホームレスを頑なに否定するやつらの味方になる気もない。
人には誰にでもホームレスになる可能性がある。
コレを知らない人間は永遠に大人になれない。

ホームレスを襲うガキどもなど論外。
俺の子供がもしそんなことしたら一緒に詫びて死のうと思う。

そんなあちゃー重いねーということを考えながらBIGISSUEを読む。
フリーターやニートのことが書いてあった。
どうする?みたいな。

読んでいて最近の論調はどうしてこんな小難しくすんのが好きなんだろうと思う。
もっとシンプルにいこうよ。

人間社会も動物社会も虫の社会も鳥の社会もイルカの世界も魚の世界も全部同じ。

餌を獲れなければ死ぬ!

ただそれだけだろ。

ニート?フリーター?会社員?派遣社員?

うるさいんだよ。

なんだっていいんだよ。

生きるために餌を取れるなら何だっていいんだよ。

少なくとも僕はそうしてきたし、このフリースタイルライフの主題もここ。

フリースタイルライフに参加してもらっている人々には甘えたやつは一人もいない。

皆、自分の適性で自分の考えた方法で生き延びている。

だからこそその姿勢を世に提示したいと思った。

などと酔っ払いながら書きなぐる僕の手には今日、コースケさんからもらった、BONZというバンドのCD!!
a0064459_144121.jpg
きやー嬉しい。
なにげに今日一番嬉しい。

BONZ ~ボンズ~
あまり知られていませんが超ド級いい音のバンドです。
聞きたいー!という人は僕までご連絡ください。

かしこ。

a0064459_164038.jpg
[PR]
by freestyle-life | 2006-05-22 01:09 | フリスタライフ
あなたは何ラー??
フリスタ編集MIZKです。

我が家では毎夜、毎夜、愛しのマイサンが夜泣きで目覚めるので(※決してサンハウスの歌詞のようなエロい意味ではない。)僕はまんじりともせずボーッと考えごとをしたりする。

普段は真面目なことを考えることが多いんだけど、昨夜だけは何故だかわからないが、シノラーこと篠原ともえ嬢のことが気になって気になって仕方がなかった。

シノラー流行ったよなぁ。

とかアムラーってのもあったよなあとか、まてよマヨネーズ好きのマヨラーなんてものも確かあったぞ、などなど歯止めがきかない。a0064459_23212414.jpg
そうこうしているうちに、ん?そう言えば ラーがつく言葉っていっぱいあんなあなどと思い始め、次々と考え出す。

シャネラー、ああ、ハイヒールももこか、ブラー、ああいいバンドだったなあ、ヘレンケラー、立派な人だねえなどとくだらないことをどんどん考えはじめ、これはどうだ、スティーブンタイラー!くくくなどと全然関係ない方向へ。

そしていつのまにかもっと面白い、ラーはないだろうか、僕にふさわしい、ラーはないかと模索して結果がこれ。じゃーん。

a0064459_23421697.gif
僕は ” おお!やってやラー! ”

すみません、くだらなくて。


明日はジャズのイベントで銀座へ。
その次の日は知り合いのボクシングの試合を見に後楽園へ。
その次の次の日は、ある有名なアーティストT氏のインタビューで青山のほうへ。

僕はこんなに忙しいキャラクターだったっけ?と首をひねる今日この頃。

そんな中、発作的に業務用のでかいタバスコを買った。
見てるだけで楽しい。
a0064459_23484945.jpg
[PR]
by freestyle-life | 2006-05-20 23:49 | フリスタライフ
飯を喰ったら”ごちそうさま”とちゃんと言え
フリスタ編集MIZKです。

昨夜は大阪よりの使者K氏と東京駅にて酒を飲む。
K氏は僕と同じフリーランス。
そのデザインは君もきっとRIGHT ONとか服屋で見たことあるはず。すげーぞ。
a0064459_20551384.jpg
仕事のこと世相のことなど語り合う2時間。
しまいには俺達は本当は何人なんだろう?という話しまでする始末。

※僕は自分のことを純粋日本人ではないだろうと思っている。そう思うには自分の出生に関する深~い理由があるからなんだけどね。

そういう観点だから現在の日本の愛国心にまつわる騒動とか、藤原なんとかの国家の品格ブームだとかが、ちゃんちゃらおかしい。
a0064459_2113674.jpg
そんなこと言ってあんた自分が本当に日本人だって証明できるのか?という気分。

さあ、君は何人だ?本当に日本人か?断言できるかい?


帰り道、いつもの習慣でかけそば屋へ行く。

a0064459_21315346.jpg
かけそば屋にていつも思うこと。
おい、にーちゃんらも、おっさんらも、もう少し旨そうな顔して喰え。
そして喰いおわったら、ちゃんと作ってくれた従業員の、おばちゃん達に、”うまかったよ。ごっそさん!”と寅さんばりに言え。爪楊枝をくわえながらな。

寅さんばりが無理なら小声でもいいから、せめてちゃんとごちそうさまと伝えろ。
どいつもこいつも、まるで飯が喰えるのがさも当然みたいな顔してブスっと無言で出ていきやがって。
思わず手に持っている碗を後頭部にぶつけたくなる。
(※未実行。)

金を払うほうがえらい、とか。
金を払ったんだから言うこと聞けみたいなものの考えが心底嫌いなんだよね。

全ての基本は、人間と人間。
感謝と感謝の交換でこの世界は成り立つんだ。
そのもっともわかりやすい言葉が”ごちそうさま”
こんなんも言えなくなったら終わりだよ。

そう言えば学校の給食かなんかで、PTAのおばはんらによる”いただきます”を言わすな論争とかあったね。
給食費を支払っているのに、へりくだって”いただきます”はおかしいじゃないか!キー!!
こっちは金を払っているのにーー!キー!!


・・・論外。




粋な人間少なくなったね。
現代で一番かっこいいのは”粋”だよ。

そしてもてるのも”粋”だよ。(きっと。はは。)

せめて僕の仲間たちよ。
俺達だけでも、粋でいこう!
頼むよ!



知り合いの格闘技ライターの三津田氏が殴られ屋ハレルヤアキラさんのドキュメントDVDを制作した。
a0064459_21142539.jpg
早速拝見させて頂きレビューページをつくった。
http://www.freestyle-life.net/ashita-hareruya-project-2006-5-18-dvd-report.htm
思いなどはそちらに書いたので是非見て欲しい。

殴られ屋ハレルヤアキラという男の悲哀が痛いまでに感じ取れます。
[PR]
by freestyle-life | 2006-05-18 21:24 | フリスタライフ
SWEAT,HEART and BRAIN
フリスタ編集MIZKです。

昔ですね、ARBというバンドがSWEAT,HEART and BRAINという曲を出しました。
文字通り、汗と心と頭脳。a0064459_10591893.jpg
このバランスがとれないと人は必然的におかしくなってゆくという歌ですね。
僕も心の底からそうだなあと思います。
物事は全てバランス。
この微妙なバランスの乱れが引き金となってありとあらゆる事件がおきる。
僕はそう思っています。

現在まわりを見渡すと・・・
乱れてるね、バランス。

乱れまくっているね。
その中の一人である僕は、自分の子供と公園に行ったり走ったりして自身を矯正する毎日。
そんな日々の最近。
a0064459_1135665.jpg
近所の公園から僕はこの世界のことを考えるのです。
[PR]
by freestyle-life | 2006-05-16 11:04 | フリスタライフ
家族
フリスタ編集MIZKです。

これから。
これから一体どうなるんだろうと、ふと眠れなくなる夜がある。
そんな時、きまって目に入るのはTVの中の色々な成功者。
みんなギラギラした顔でいかに成功したかを語る。
いかに今の生活が楽しいかを語る。

僕よりも年下の時代の寵児たちが僕の知らない知識を駆使してこの世を泳いでゆく。
僕の頭の中にはどう探してもない金の計算法でしたたかに生きてゆく。

と、同時に耳には陰惨な事件のニュースが毎日毎日入ってくる。

電車の中で目に入るのは小賢しい顔をした人々。
競馬で負けてすっからかんになって周りにからむ泥酔者。
全てのことにケチをつけたがるおばさん。
アホなガキども。

ああ、ああ。

そんな中ゆいいつ僕の心に火をともすのは、やっぱり家族。
家族のことを思うときだけまだ終われない。
まだギブアップできないんだと思う。

なので、皆さん少子化の叫ばれるこの時代。
子供なんて面倒くさいといわず、家族をつくりましょう。

いいものだよ。

ほんと。

a0064459_055610.jpg
写真は昨日叩いて殺した蚊。
蚊は雌しか血をすわない。
彼女にも家族がいたのだろうか。
そんなことを思いながら深夜の庭に葬った。

センチメンタリズムここにあい極まれり。
大丈夫なんでしょうか。僕は。はは。
[PR]
by freestyle-life | 2006-05-12 00:08 | フリスタライフ