<   2006年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
暴力と戦争について考える
フリスタ編集MIZKです。

昨日の夕方、僕の住む町内で郵便局強盗が発生した。
犯人は50才くらいで刃物を持って人質をとり40万円を奪い逃走。

a0064459_1314648.jpg
いまだに犯人は逃げていて、昨夜から今日にかけて町内に緊張が走っている。

我が家では万が一に備え戸締りはもちろん、一応、木刀などの武器をひっぱり出して手の届くところに置いたりして防備しているんだけど、そんなことをしながらふと、こういう行動の最大値が戦争の狂気だよなあなどと改めて思う。

その犯人の男にどんな背景があったか知らない。
もしかしたら家族が病気とか本当にやむにやまれぬ事情で犯した犯罪なのかも知れない。
哀れむべき男なのかも知れない。
本当は愛すべきところがある男なのかも知れない。

でも緊張が走る現場にそんなことを思う余裕はない。
もし我が家に押し入り僕の家族に危害を加える可能性があるのなら、僕は何の躊躇もなく木刀を振り下ろすんだろうと確信する。
この木刀が銃火器になったとしても何ら不思議はない。
僕はきっと引き金を引くんだろう。

恐怖や緊張は人から冷静な判断力を奪う。
昨夜はそんなことを思いながら、TVで北朝鮮関連のニュースを見ていた。

a0064459_13294397.jpg
[PR]
by freestyle-life | 2006-07-12 13:31 | フリスタライフ
炸裂せよ!エロとバイオレンスとトラウマと青春!!
フリスタ編集MIZKです。

昨夜は東京は蒲田という街にて飲む。
a0064459_23252622.jpg
若き映像作家のZ君とともに。
彼は面白い人なのでフリスタに参加してもらうべく打ち合わせ。
飲みながらやったから途中からグダグダになった気がしないでもない。
さてどんな按配になるか。
楽しみ。

炸裂せよ!エロとバイオレンスとトラウマと青春!!
なんじゃそりゃ。はは。

ついでに満たされなかった青春を送ったもののみが入会を許されるトラウマ友の会でもつくろうかな。
名づけて!

タイガー&ホース!!

あはは。
誰か入る?



写真家の中里さんの夜の写真を見てからすごく触発されて、最近は僕も夜の写真を撮ってみている。

a0064459_23305333.jpg

でもあれだね。
夜、カメラ片手に街をうろつくと危険だね。
もの凄い確率で不審者に思われるね。
超、危険だね。あはは。

ということでベンジーこと浅井健一のソロシングル
”危険すぎる”が楽しみな今日、この頃。
a0064459_23344066.jpg
[PR]
by freestyle-life | 2006-07-10 23:35 | フリスタライフ
七夕 岡本太郎 糸井重里
フリスタ編集MIZKです。

昨日の七夕みなさんはどう過ごしましたでしょうか。
a0064459_15203737.jpg
我が家ではひこ姫とおり星の逢瀬のことなどまったく意に介せず極めてこじんまりとたんざく等を飾ってみました。
ちなみに僕がたんざくに書いた願いは”平和と健康”です。
はい。極めて現実的な願いです。
a0064459_15205515.jpg

子供が書いたのはただの丸。
うーん、意味深。


昨日、TVは見てないんだけどいろいろな記事で岡本太郎氏の明日の神話のことを知った。

a0064459_15223249.jpg

この作品、色使いが本当素晴らしいなと思う。
なので来週にでも見てこようと思っているんだけど、それにしてもこのプロジェクトの立役者、糸井重里氏。
このWEBサイトを見てもらえばわかるんだけど、
http://www.1101.com/asunoshinwa/

本当こういう面白いことをサラっと出来る才能、エネルギー、などなどに羨望というか、僕のような3流チンピラエディターにとっては歯軋りしたくなるようなジェラシーを感じる。そんな小さな男、僕MIZK。

ああ、オイラももっともっと爆発したいなあ!!

そんでもってもっともっと立派な大人になりたいなあ!!!
[PR]
by freestyle-life | 2006-07-08 15:34 | フリスタライフ
自由と平和と狂気と渇望
フリスタ編集MIZKです。

いやあ、朝からぶちかましてくれましたねえ。
北朝鮮の皆々様。
ミサイル7発。
a0064459_11218100.jpg

それにしても改めて日本、朝鮮半島との地理関係を見るとその近さに驚かされる。
本当に近い。
日本からのミサイル迎撃もまあ不可能だろうし、そう考えると我らに現実として死の危険があることを否定できない。
a0064459_1155756.jpg
朝から可能な限りのニュースソースに目を通してこの現状の把握に努めてみたんだけど、改めて今回のことの複雑さを感じる。

もっとも短絡的な見解は逼迫したヤクザ国家のヒステリックな行動だし、それと対極にあるもっとも思慮深い見解は、韓国ノムヒョン政権を維持させるための朝鮮、韓国連携の高度な政治的作戦。(※僕の考えは後者。)

それはともかく話しは戻って、僕はこんなに近しい国家、北朝鮮、韓国、そして中国、この3国が明白に日本という僕らの友達が家族が恋人が子供が暮らす地をどうこうしてやりたいと思っていることに恐怖、そして寒々しさを感じる。

だけどここでいつも僕は思うのだけど、僕はこういう場面で短絡的にヒステリックに右傾化する今の日本人の潮流が大嫌いだ。
何でもそうなんだけど、ことはそんなに簡単なことじゃない。
村上龍の”半島を出よ”をひっぱり出してきてもう一回目を通したんだけど、この本から伝わるように、どんな状況にも人間としての心の情動というものがある。北朝鮮にも必ずある。僕はそう思う。※だけど北朝鮮を擁護する気は一切ない。僕はブルーリボンだ。

北朝鮮のことを思うとき、最近よく対比としてチェゲバラ、そしてキューバのことを思う。
北朝鮮とゲバラ、キューバに共通すること、それはともにアメリカ的な帝国主義への反抗。
そしてその具体的な行動。

僕はチェゲバラが大好きだ。
だから激しく反問する。ゲバラと金正日を一緒になんかするな!
そして、では、どこが違うのか?を考える。
そして気持ちがすっと落ち着く。

なんだ、簡単じゃないか。

チェゲバラは自分で、自分の手で戦った。

じゃあ、金は・・・

a0064459_140129.jpg




フリースタイルライフ

自由型人生

僕はこの世界に痛みと悲しみをばらまく人間たちを憎悪する。

そして自由を守ることに全力を注ぐ。

でもこう書くとその矛盾に身もだえする。

この世界で自由を求めていない人なんかきっといない。

それは北朝鮮も同じなのかも知れない。

それとも北朝鮮はもっと違う狂気の次元に突入したのだろうか。

狂気と渇望。

それがあの国の全てになってしまったのだろうか。

もしそうならば・・・
[PR]
by freestyle-life | 2006-07-06 01:41 | フリスタライフ
様々な人生
フリスタ編集MIZKです。

本日は盲目のバイオリニスト 穴澤雄二さんとブルースマンHATAのLIVEの模様を自由型の人生100にアップしました。
http://www.freestyle-life.net/free-100-page-11.htm

是非見てみてください。

a0064459_172462.jpg



関係ないけどSTELLA ステラというODNのWEBマガジンがはじまった。
http://www.stella-web.jp/?id=hda0064459_17253936.jpg

知り合いのAKI君がインタビューされているので知ったのだけど、他の人も大変興味深い。
穴澤さんもそうだけど、ほんと皆、様々な人生を送っているのだなと感心する。

そして人間って本当に選択した生き方で変わる稀有な存在だなと思う。
人間以外の動物にこんな現象はないと思う。

金のためだけに人間をやめるダニみたいな奴もいるし、その対極にいるような太陽なような素敵な人もいる。
そういう意味では人生って面白いよなと思う。


あっと、僕のシンフノキモチも細々とですが更新しました。
http://www.freestyle-life.net/shinfu-no-kimochi-page-base.htm

こちらもお暇な方は是非!!
[PR]
by freestyle-life | 2006-07-04 17:32 | フリスタライフ
カメラマンの孤独
フリスタ編集MIZKです。

先週金曜にTokyo East Perspective 「墨東写真」「すみだ職人列伝」http://www.asahi-artfes.net/program/07.htmlへ行ってきた。
a0064459_16405419.jpg
その場で”路地””小屋”の写真集などで著名な写真家、中里和人さんをご紹介頂き今度フリスタに中里さんに関する記事を掲載させていただく運びとなった。

大変うれしい。

中里さんの写真には本当に引き込まれるものがある。

※中里さんの写真↓で少し見れます。是非。
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/special/2005/12/27/2932.html

カメラマンには色々なタイプの人がいるわけだけど、中里さんのようなストイックなタイプは本当に信じられる。
カメラマンというと遊び人みたいな人もたくさんいるけど、そういうタイプは。。。あまり好きじゃないな。
自身の作品世界をを闇にひそみ、ただストイックに追い求め続ける。
孤独と不安と戦いながらただひたすら追い求める。

そこには人生に対する揺ぎ無い強靭さがあるのだろう。
僕はそう思う。

フォトノス金子さんによる中里さんの記事、ぜひお楽しみに!!
a0064459_16483454.jpg
[PR]
by freestyle-life | 2006-07-02 16:51 | フリスタライフ