人気ブログランキング |
<   2008年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧
すばらしい歌
えー、この前、36になりました。

そして最近いつもこう思います。

”年をとるのはいいもんだぜ。”


いいことは、たくさんあるんだけど、そのなかの一つ。

それは、”歌”というものを、改めて素晴らしいなと思えること。

歌は人生の全てかも知れない。

そんなことすら思う瞬間がある。




やっぱり、断言できるな。

若いとわからないことあるよ。



本当、そう思う。

だから、今は年をとる、長く生きるということが凄く嬉しい。

生きれば生きるほど、この世界の美しさ、人の良さがわかる。

同時に涙もろくもなるけれども。




今日、すばらしいなと思った歌。

布袋寅泰

”Lonely Wild”



こんなに美しい歌はないんじゃないかと、今、素直に思える。

昔はこう思ってた。売れてスターになってしまったボウイが嫌いだったし、とにかく、学園祭とかで、モテてる奴らがさらに、調子にのって、にわかバンドでやる”B-BLUE"とかが心の底から憎く、・・・・そして、そして、羨ましかった。

だから、自動的に布袋が嫌いだった。


※余談、この頃の僕は、エコー&THEバニーメンとか、ジョニーサンダースとか、DAMNEDとか、ラモーンズとか、THE CARSとか、JAPANとか、Roosterzとか、UP-BEATとか、あぶらだことか、PINKとかそんなものばかりをクラスでただ一人聞いていて、休み時間になるとずっと、ウオークマンだけを聞いていて、まわりからはキチガイ扱いされていた。

カセットに録音した音楽と、ウオークマンだけが生きている全てだった。。。



でも、今、改めて聞く布袋さんの曲は皆、本当に美しい。

特に”Lonely Wild”


”きっと、いつの日にか孤独ともわかりあえる。”



こんな、美しい歌詞はないな。と素直に思う。





年をとって、良かった。




俺は35を超えて、やっと素直になれた!!



やっと、人生が始まった!!



本当にそう思うんですよ。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←読んだ人は是非、ボチっとしよう!!心やさしきあなたのボチっ!!に感謝しますよ~。
by freestyle-life | 2008-02-15 22:38 | フリスタライフ
今週、勇気をもらったもの。
よくも、まあ、毎日、毎日、勇気を探せるなあと我ながら思うんだけど、楽しいんだからしょうがない。楽しいことがこの世で一番大事。

そんなわけで、最近、勇気をもらった人や物を。

まず、人!!

作家の高橋源一郎さん

a0064459_1239499.jpg

この人、ただの飄々としたおじさんかなと思っていたんだけど、凄くご苦労されてる。まず学生時代は学生運動で逮捕、牢獄で失語症に。
その後、10年以上は今でいう、フリーター。あてのない、肉体労働や、悲しいまでに単調な工場労働でうだつのあがらない日々を過ごし、、日々、限界みたいな暮らしの中、最後の望みで小説を書きはじめる。

シンプルに言うとこんな感じなんだけど、高橋さんは人間が生きるということや、うまく生きられないマイノリティーの悲しみを痛いほどに知っている。

だから、高橋さんが持つ現代の若者への視点には凄く愛があると思う。

そんな高橋さんが、今月号の論座で、現代の若者たちに向けて凄く良いことを言っている。損のない内容なので是非、見ておくといいと思う。

高橋さん、魅力的だなあ!!うん。

a0064459_12465852.jpg




次、本!!

サンマーク出版から出ている大越俊夫さんの”6000人を一瞬で変えたひと言”が予想以上に凄く良かった。

a0064459_12422096.jpg

僕は基本、あまり啓蒙的な本は好きじゃないんだけど、この本には嘘がないような気がした。この方の根底にいつまでも流れ続ける”金より心のほうが大事だろ!”というメッセージにやっぱり勇気づけられる。




次、音楽!!

これは、あまり勇気とは関係ないかも知れないんだけど、奥田民生の曲を様々な人がカバーしたアルバム”民カバ”を買ったんだけど、その一曲目、木村カエラの”マシマロ”にやられた。

a0064459_12444397.jpg

もともと原曲からして、“雨ふりでも気にしない。ダメでも気にしない。後ろ前でも気にしない。げにこの世はせちがらい、その点で君はえらい。”

と最高の曲なんだけど、この木村カエラ アレンジが文句なくかっこいい!!あまりにかっこよくて、聞くたびにエネルギーをもらえる。

音楽には人を奮い立たせる勇気がある!と再確認させてもらった。素晴らしい!!



以上、ここ2、3日で勇気をもらったもの。

勇気をもらえるもの、他にもあったら教えてくらはい。是非!!






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←読んだ人は是非、ボチっとしよう!!心やさしきあなたのボチっ!!に感謝しますよ~。
by freestyle-life | 2008-02-13 12:37 | 勇気もらった言葉とか
ジワタネホ zihuatanejo
ジワタネホ?

昔、知り合いがしきりに口にしていた単語。

”俺は俺のジワタネホを探しているんだ。”

酒の席でそういう彼に、悪い癖の僕はわかったふりして、”ああ、ジワタネホね。いいね。いいね。ジワタ、いいね。”などと極めて適当に返答していた僕。

でも、今日、その謎がようやく解けた!

なぜなら恥ずかしながら今日、初めて映画”ショーシャンクの空に”を見たから。

やっとだよ。やっと今さら見たよ。(※なんか恥ずかしい。。。)

これかー、これが”ジワタネホ”という言葉の意味だったのか。

そうかー、そうだったのか!

と感動しながら、もちろん、映画にも強く感じ入りながら過ごした祝日の午後。

a0064459_2065329.jpg

”ショーシャンクの空に” 

なんちゅう、いい映画なんだ!

泣いちゃったよ。おい。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←読んだ人は是非、ボチっとしよう!!心やさしきあなたのボチっ!!に感謝しますよ~。
by freestyle-life | 2008-02-11 20:04 | フリスタライフ
打ち合わせという名の飲み
飲んだ。

結局、昨夜も終電まで飲んだ。。。

二日酔い対策でハイチオールC飲んだけど、あんま関係なかった。

うーん。。。



フリスタパブリッシングの打ち合わせを漫画家の須田さんと終えた後、まずは立ち飲みやへ。

※打ち合わせのファミレスで、横で女子高生が思い切りSEXの話をしていて、うーん、君たちもうやってんだ。おお!サマータイムブルース!と思った。

a0064459_2131162.jpg
a0064459_2131492.jpg

立ち飲み家は”くら”って言う店だったかな。おばちゃんが凄く良い人で、すごーく!!気持ちよく大量飲酒した(笑)

ここで恒例の泥酔放談もスタート。※今回もゆるく炸裂だぜ!!見てね。
http://www.freestyle-life.net/deisui-page-base.htm

その後、いつもの店、”AJITO”へ。

a0064459_21335491.jpg

Rage against machine 見て来たという人がいて、感想を聞くとMCもないし、盛り上がらないしなんか、いまいちだったらしい。へーそういうもんかとちょっと失望。

そんな感じでひたすらダラダラと飲んで、朝、家で目がさめたら、僕のエンジニアブーツが泥だらけになってた。どこ歩いたんだろう?

その後、頭ふらふらのまま、子供と一緒にTEPCO館へ遊びに。

そこにいた電子ちゃんに

”飲みすぎでやんすよ。”

と言われた気がした。

a0064459_21393140.jpg






以上。





★★誠一朗の詩がひさしびりに掲載されました。

咆哮する自由なる獅子 更新!!
http://www.freestyle-life.net/houkou-suru-shishi-page-base.htm


ぜひ!!







a0064459_12333743.gif
※↑ ブログランキングに参加しやした。読んだ人はクリックしておくように(笑)。 以上。
by freestyle-life | 2008-02-10 21:39 | フリスタライフ
感動的な風景
産経ニュースで見たこのニュース。

”ピラミッド前でたこ揚げ、エジプト邦人児童ら挑戦”
http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/080209/mds0802090912001-n1.htm

a0064459_102255.jpg
何かこう写真から伝わってくる空気を思うだけで、朝から素敵な気分になった。(※写真は産経ニュースから)

世の中はどうしようもないけど、まだまだ捨てたもんじゃない。

それの証明のようにも思う。



***


今日は近くの幕張メッセで、Rage Against Machine のライブだ。(※いかないけど)

レイジに関しては↓のサイトを読めば、ほとんど全てのことがわかると思う。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~letsrock/history_RATM.html

とにかく、バンド名どおり、”社会組織や大資本といった理解力や慈悲のない社会構造への怒り”

これがこのバンドの全てだ。

a0064459_10383844.jpg

レイジや、U2、Radiohead、シェリルクロウ、ブルーススプリングスティーン とか世界中に、ロックを通して政治を変えようという人々が大勢いる。

いや、日本にそういう表現者があまりにいないだけで、もともと、こっちが本流だ。

だから、本当に疑問に思う。一体、何なんだろうこの国の音楽は?って。

特にヒットチャートTVショーであるとか、にせR&Bであるとか、カラオケミュージックであるとか、片っ端からぶち壊したくなる。

もちろん、日本にも素晴らしいアーティストたくさんいるけどね。

浅井健一とか、ARBとか、エンケンとか、ACIDMANとか、泉谷しげるとか、奥田民生とか、アナーキーとかその他、たくさんたくさん。


でも、ほんと、こう何とかならないかな。

日本っていう国、特有の”政治のことを語るのはダサイ”みたいな風。

この風っていつまでたってもなくならない。不思議だ。



とにかく、今日の幕張にはどんな人々が集まるのだろう。

僕も行きたかったけど、ずばり!!金がなかった!!ああ。。

チケット高い!!9000円!!

何度でもはっきり言うけど海外アーティストのチケット高すぎだって!

金持ち層しか見れない、反社会的音楽!?

昔、パールジャムっていうバンドが、自分たちのバンドのライブチケットが高すぎて、色んな人に見てもらえないからっていう理由で、プロモーター相手に訴訟起こしたんだ。

チケットを貧乏な若者にも買えるくらいの金額にしろって。

結果、巨大な利権には勝てず敗訴してパールジャムは干されたんだけど、これは何かを証明してるよね。

そう、途中でぼったくられてるって。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←読んだ人は是非、ボチっとしよう!!心やさしきあなたのボチっ!!に感謝しますよ~。
by freestyle-life | 2008-02-09 10:05 | フリスタライフ
お金を稼ぐということ

昨日、友人の見舞いで大学病院へ行ったんだけど、そこで、なんだかわからないけど、お金の稼ぎ方の話しになった。

このお金を稼ぐという行為は誰もが大人であるかぎり避けては通れないものだと思うんだけど、みんなは一体どんなことを考えながら日々を過ごしているんだろう。

そういうことに実は凄く興味がある。

昔の僕はこう思っていた。

”金なんかいらねえ!! 金の為なんかに生きてたまるか!”

まあ、いわゆる金を稼ぐイコール汚いという考えだね。

この片鱗はいまだ僕の中にあることはあるんだけれど、でも、様々な人に会って話してゆくうちに色々と考えが変わってきたのも事実。

ある人がマジシャンのデビッドカッパーーフィールドを例に教えてくれたんだけど、この世界には愛を持ちながら、自分に嘘をつくこともなく、人々を幸せにしながら、大金を稼いでいる人がたくさんいる!ということを教えてくれたことは僕の中では大きかったな。

僕は社会に出て、凄く苛められたんでね。

いつのまにか金を稼ぐということに絶望していたんだけど、今は違う。

幸せになりながら、お金を稼ぐ方法はある!と思えるのは実はとてもありがたいことだなあと思ってる。

そしてそれを実現したいなあと日々思ってる今日、この頃。



***


a0064459_1413235.jpg

Aさんという人が、フリスタMAGを一橋大学に置いてくれた。

すっげー!!

一橋大学にフリスタ!!

ありがとう!本当にありがとう!!

どえりゃー嬉しいっす。はは。


※置いてもいいよ、と言うかた、随時募集中!!詳しくは↓
http://www.freestyle-life.net/fsl-project2-page.htm




***

a0064459_1423622.jpg


今週号のR25に載っている小日向文世さんのインタビューが凄くいい!!

http://r25.jp/magazine/long_interview/1022008020701_01.html

編集後記にある

”39歳で結婚、41歳で父親になり、42歳で劇団が解散した。俳優の仕事はあんまりなかった。日々、長男とともに公園に出向いて「仕事来るカナー、来ないカナー」と時を過ごす夫に、奥さんは「稼いでこい」などとは一言も言わなかったという。月末になって生活資金が底をついてくると、借金。「その分、息子とは豊かな時間を共有できた。女房は偉かったなあと思いますよ(笑)」”

とか、ほんと泣けて勇気もらえるなーと思う。

素敵な話だね。

小日向さんは、この奥さんがいなかったら、きっと世に出ていないよね。

やっぱり、男を生かすも殺すも女しだい。

世の女性たちよ!やさしくあれ!!そして、愛あれ!!




なにとぞ、よろしくお願いいたしますです。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←読んだ人は是非、ボチっとしよう!!心やさしきあなたのボチっ!!に感謝しますよ~。
by freestyle-life | 2008-02-08 14:20 | フリスタライフ
く、苦しい…

フリスタパブリッシングからの出版を実行すべく、日々、頭の中でグリグリグリグリと考えをこねくり回している。

a0064459_12531022.jpg
http://www.freestyle-life.net/fsl-publishing-page.htm

これが、まあ、苦しいこと、苦しいこと。

THE 想像以上。

今回の本は、バンドで言えばいわゆるファーストアルバム。

だから、絶対に妥協できない。

ファーストアルバムで妥協したバンドは大体において、ろくでもないんだよね。

誰かに作ってもらったものなんて論外。

それは音楽も出版も演劇も、クリェイティブなものは全て共通だと思う。

しかも須田さんからは”江戸川ハートブレイカーズ2008”という最強の原稿を頂いたから、そのエネルギーに恥じない、スッばらしいーものにする義務が僕にはある。

だから負けない。

必ず自分との戦いに勝つ!!

売れようと売れまいとそんなの問題じゃない。

(※いや、もちろん売れたほうがいい(笑))


それに、昨日、見た映画、”BRAVE HEART”でも言ってたよ。

勝つことが重要なんじゃない、戦うことが重要なんだ!

a0064459_12482274.jpg


沁みるなあ、こういう言葉。。。




メルギブソン主演・監督のBRAVE HEART 3時間近くある大作なんだけど、本当に素晴らしい映画です。

見てない人は是非どうぞ。

題名とおり、勇気ある心。

泣いた・・・いつ見ても泣いてしまう。

たまらん映画です。。。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←読んだ人は是非、ボチっとしよう!!心やさしきあなたのボチっ!!に感謝しますよ~。
by freestyle-life | 2008-02-06 12:51 | フリスタライフ
勇気とやる気
シェリルクロウが新しい音源を出したらしくて、ちょっと聞いたんだけど、やっぱいいねえ。シェリル。

a0064459_15331741.jpg
何がいいってさ。怒ってるのがいいよ。
アメリカにある多くの問題、ガソリンとか、銃とか、災害とか、貧困とか、そういうものにいつまでも牙をむき続ける。

デビューした時だって、スーパーのウォルマートとかでは、拳銃が売っててそれで、黒人の子は殺しあうんだぜ、みたいなニュアンスのことを歌っていて、ウォルマートから確か告訴されたんだけど、”事実じゃねえか!この野郎!”っていう感じで発言は曲げなかった。

それが15年くらい前。今、シェリルクロウは46歳。

スタンスがまったく変わらない。

本当のことを言って何が悪い!!って吠え続ける。

素敵だ。

勇気もらえるぞ。おい。




勇気と言えば、それと表裏一体なのが”やる気!!”

僕の愛する出版社 ミシマ社より新刊が出るようだ。

a0064459_16114765.jpg

やる気!攻略本 / 金井壽宏 (著)

モチベーション研究の第一人者が「働くすべての人」に贈る、愛と元気が詰まった実践書。

http://www.mishimasha.com/


やる気って大事だよね。

特に僕みたいなフリーランスはほんと、これが全てだと言ってもいいと思う。

人間なんて弱いからさ、何も強制力がない状態で生きるって本当に大変なことなんだよね。実は。

だから個人的にもこの本には興味あるな。

フリスタ仲間の大越さんの編集らしいし。

まあ、そんなことは置いておいて、僕は、仕事は幸せになるためにすべし!!っていう信念を持つミシマ社という出版社が大好きだ!!

そして尊敬してる。これからの人間の働き方に勇気をあたえる大事な会社だ!!

ミシマ社 vs フリスタ 自由型の人生100 ver27
↑見るべし!!






今日はスーパーチューズデー!!

どうなるんだ!!オバマか、ヒラリーか!!


ゆけ!!オバマ!!

世界よ変われ!!


うそ泣き、ヒラリーに負けるな!!






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←読んだ人は是非、ボチっとしよう!!心やさしきあなたのボチっ!!に感謝しますよ~。
by freestyle-life | 2008-02-05 15:32 | 勇気もらった言葉とか
きっと頭がおかしいと思われているでしょう
昨夜は楽雲庵ことSさんと錦糸町で一杯。

中華屋と居酒屋はしご。

錦糸町には独特のバイオレンスな空気があってなにげに歌舞伎町より怖いと思う。

a0064459_2173245.jpg


この間、深夜の帰宅道、4人組の男女にからまれそうになったことがあって、その時から最近、世の中ぶっそうだなととみに思う。

アンド、体、鍛えておかなきゃなあとも。

帰り道、電車に乗ったら、あれ、まあ、どうして俺のところばっかそんなと思うけど、老人が電車の中でぶっ倒れてた。

泥酔しているのかな?と思ったけど、なんかそういう雰囲気でもないので、近づいてみると、世の中って本当冷たくなったなと思う。

倒れている老人の横で何食わぬ顔してDSやってる30歳くらいのやつ。

倒れている老人の前で完全に無視して殺人的にくだらねーことをしゃべる続けるクソホストみてえなガキたち。

”じいさん、大丈夫か?”と聞くと、なんかやはり具合が悪いみたいだった。

最終的に目的の駅を聞いて、肩貸してそこまで送った。

20分くらいぶっ倒れているじいさんと一緒に電車の中にいたんだけど、次第に酒の酔いもあって頭きはじめて、アンド、やっぱ世界は狂ってんな、この野郎と思い始めて、じゃあ、こっちも狂ってやろうじゃねえかと思って、じいさんと一緒に電車の中で大の字に寝てやった。

そうとう、いかれた風景に思われたと思う。

いわゆる、普通とか、常識とかいうやつで考えれば、俺は狂ってると思われると思う。

だけど、だけど。。。。




頭おかしいと思われて結構。

お前たちの仲間になるよりましだ。




そんな気持ちで、コンビニで安ウィスキーを買って月に吼える。

目がさめたらそんな俺の熱をなだめるかのように、冷たい雪が降っていた。





a0064459_213119.jpg



追伸:

新聞に載っていたこのニュース


クマの巣穴で丸1日、岩に挟まった男性救出…岐阜

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080203-OYT1T00066.htm


これ、読んで、冬眠中のクマ、散弾銃で撃つか?おい。いっそお前が冬眠しろよ。

と、甘ちゃんだなんだと言われてもけっこう、怒りを覚えた。

クマって確かメスだと、冬眠中に出産とかするんだよ。そんな無防備なクマ、そっとしといてやれよ。せめて。そして春になったら堂々とやれよ。

狩猟が悪いなんて、絶対そんなこと言わないけど、昔から狩猟民は自然や動物に対して、尊厳を持って接してきたものだろう。

このやりかたに尊厳あるか??

なので、息子にこう言ってやった。

いいか、こういう卑怯なやりかたすると、必ずバチがあたる。

このじじいがいい見本だ。

生命を殺すことに善悪はない。

だが、尊敬のない殺しは恥ずかしいことだ。

恥ずかしいか、恥ずかしくないかは重要なことだ。







あー、もう、腹たつことばっかりだ。

毎日、毎日、頭がオーバーヒートしそうになる。

でも、世の中には素敵な人や素敵なことがあるのも知っているから、やっぱり僕はそっちのほうを見たり、探してゆきたいなあと思う今日この頃。


皆さんもお気をつけて。




a0064459_21112597.jpg


ミニ雪だるま作って、子供と遊んだ。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←読んだ人は是非、ボチっとしよう!!心やさしきあなたのボチっ!!に感謝しますよ~。
by freestyle-life | 2008-02-03 20:45 | フリスタライフ
ロフトプラスワンにて
昨夜はサンクチュアリ出版より出た「絶望男」という本の出版記念イベントへ。

※コトバのアトリエ、山本さん呼んでくれてありがとう!

a0064459_1038189.jpg

↓絶望男、白井さんの記事
http://www.asahi.com/komimi/TKY200712110282.html

場所は新宿ロフトプラスワン。
見知った顔にもたくさん会えて、みんな元気そうで楽しかった。

著者である白井さんは意外とひょうひょうとしていて、明るかったのが救いだった気がする。
話題の赤木さんも意外といい若者っぽくて、メディアから想像されるイメージと違っていたのが印象的だった。

◆◆◆

赤木智弘さん:
フリーターの立場からの社会時評を行っている。『論座』2007年1月号に掲載された論文「「丸山眞男」をひっぱたきたい」は、フリーター、ワーキングプアの焦燥感と不公平感を描いたこと、一流の政治学者の丸山が二等兵として徴兵され、上官から嫉妬混じりのいじめ・私的制裁を受けたことを平等の名の下に肯定的にとらえる論説はさまざまなメディアで取り上げられ、物議を醸した。

http://t-job.vis.ne.jp/

◆◆◆


やっぱりメディアでのイメージというものは、一人歩きするものだなあと思う。
赤木さんの文章なんか読むと、どんなイヤなやつなんだと思うけど、生で見るとやっぱり違う。
人はみんなそうなんだろうなと思う。

僕も、よく初めて会った人からよく”想像していたよりも、ずっと優しいんですね。”とか言われる。”僕はいつもフレンドリー、どんなイメージ持ってたんですか?”と聞くと、”いや、なんか、いきなり殴られそうなイメージ”とか言われたことがあって、俺はいったいどう思われてるんだ!?とか思ってよく苦笑してる。

僕、基本的に恐ろしいくらいフレンドリーです。はい。


同席した人とも話せたりして良いひと時だったなあと思う。
(Oさん、Aさん、今後ともよろしくね。)



ちなみに、昨夜は嬉しいことが。

ダメもとでロフトプラスワンの綺麗なお姉さんにお願いしたら、フリスタMAG、ロフトプラスワンに置いてくれることになった!!

フリスタMAGって?↓
http://www.freestyle-life.net/fsl-project2-page.htm

やった!!!

サブカルの聖地、ロフトプラスワンに、フリスタMAGが!!

いやー、言ってみるもんだねえ。あはは。嬉しい。

a0064459_10452777.jpg





帰り、新宿駅で”私の詩を買ってください”というプラカードを下げた女の人がいて、最初、うーん、アングラだなあ。。。かからわんとこ。。。などと思い、通り過ぎようとしたんだけど、何かこう、いや、あれは、ある意味、究極のインディーズだよな。勇気あるよなあと思いなおし、思い切ってその詩集を買ってみた。

300円也

内容は、うん、まあ、寒くて頭まわらなくていまいちその良さがわからなかった。

でも、勇気は感じた。

それで十分。

a0064459_1612253.jpg






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←読んだ人は是非、ボチっとしよう!!心やさしきあなたのボチっ!!に感謝しますよ~。
by freestyle-life | 2008-02-02 10:36 | フリスタライフ